美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年11月20日

肌を正常に生まれ変わらせて美肌を守る方法とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容に少なからず関心のある方なら、「お肌のターンオーバー」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ターンオーバーとは、新しいものと古いものが入れ替わることを指し、お肌に関して言えば、いわゆる「新陳代謝」を意味しています。

肌がキレイな女性のアップ

肌の細胞が新しく生まれて、古い角質となって肌から剥がれ落ちるまでは約28日間かかります。しかしこのターンオーバーの周期が乱れて低下すると、肌トラブルの原因にもなり、ニキビや吹き出物、シミやくすみ等が消えにくくなります。女性にとって、このターンオーバーの乱れというのはとっても厄介なのです!

ではこのサイクルを正常な物にする為に、お肌にとってどのような事が必要なのでしょうか?

肌に負担をかけない

代表的な例をあげると「夜遅くまでお化粧を落とさない」「長時間紫外線にあたる」「喫煙」「不眠・寝不足」が肌への負担となります。

【化粧品】

お肌を一番外側で守ってくれている「皮脂膜」はお肌の天然のクリームと呼ばれています。

皮脂膜にはお肌をなめらかにしたり、肌内部の水分の蒸発防止、ほこりその他の刺激物質からお肌を守る働きがあります。必死に働いてくれている「皮脂膜」に、長時間の化粧品でさらに負担をかけてしまっては良くありませんね。

いくらお肌に優しいコスメが増えてきたといえども、やはりお化粧品の成分の多くは化学物質。一日お肌を守ってくれた皮脂膜から早めにメイクを取り除き、優しくケアしてあげましょう。

【紫外線】

お肌が紫外線によって刺激されると、傷めてしまった細胞を修復させようとターンオーバーの周期が早まってしまいます。急速に進むターンオーバーの中では、正常な細胞は生まれてくれません。

その為、本来は28日周期で剥がれ落ちるはずの角質が、正常に剥がれずお肌にとどまってしまいます。その角質はやがて色素沈着してしまい、結果シミやくすみとなってしまうのです。

【喫煙】

喫煙は、身体の中の様々な細胞を壊してしまいます。お肌のターンオーバーで生まれる細胞にももちろん影響します。

タバコを拒否するマークを持った女性

さらには真皮と呼ばれる、コラーゲン(軟骨保持などの線維細胞)やヒアルロン酸(保湿成分)、エラスチン(弾力線維)を破壊してしまう為、肌のたるみや老化に繋がってしまうのです!

【不眠・寝不足】

睡眠中は新しい細胞が作られ、壊れた細胞が修復され、さらには免疫力が高まったりします。つまり睡眠は、肌を含めて心身ともに必要不可欠な時間なんです。
その働きを正常に行わせるためにも、寝不足は出来る限り解消し、なんらかの原因で不眠になっている場合は医療機関にかかることをオススメします。

不眠の女性イメージ

睡眠をしっかり取るために

人は睡眠を開始してから2~3時間程の間に、眠りが深いレム睡眠(身体も脳も休息している状態)に入ります。このレム睡眠時に、成長ホルモンが大量に分泌されます。この成長ホルモンの働きによって、新しい細胞が生まれ、美肌成分が分泌され、傷ついた細胞が修復、免疫力がUPするのです。

睡眠を取る事はもちろんの事、しっかり睡眠を取れる睡眠環境を作る事も重要。テレビは消し静かな場所で寝る、灯りは消して寝る等、睡眠環境を見直す事も大切になってきますね。

肌のターンオーバーを正常にする為に出来る事

お肌を乾燥させない

お肌を乾燥させてしまうと、綺麗に角質が剥がれてくれません。剥がれなかった角質はどんどん溜まっていき、アクネ菌(ニキビの原因)の増殖に繋がったり、シミやくすみを生み出すことも。

お肌を乾燥させない為に、角質層は水分が保たれていなければいけません。そのため洗顔のし過ぎには注意し、水分が余分に蒸発しないように汗をかいたらすぐに拭きましょう。さらには冷暖房に当たりすぎないように、普段から気を付ける必要がありますね。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めてしまうとホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーまで乱れてしまう原因になってしまうのです。

※生理前にニキビが出来やすくなったりなど肌トラブルが多いのは、肌のバリア機能を低下させ、皮脂量を増やすなどの働きをする「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が大量に分泌される為です。

ストレスを解消し、充分な睡眠を取って脳を休めさせることも重要ですが、さらにはホルモンバランスを整えてくれる効果のある成分を食事から補ってみてもよいでしょう。

ホルモンバランスを整える効果のある成分

大豆イソフラボン

豆腐、大豆、納豆等の大豆食品類に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンのなかの「エストロゲン(通称「美肌ホルモン」とも呼ばれている)」と同じような作用があると言われています。大豆イソフラボンを適度に摂取して美肌を目指しましょう。

ビタミンB6

タンパク質からエネルギーを作り出し、皮膚の健康を助けます。また女性ホルモンの代謝を促し、ホルモンバランスを整える効果があります。

含まれる食材例:マグロ、カツオ等の赤身、レバー類、ピーナッツ等のナッツ類

ビンに入った様々なナッツ類

肌のターンオーバーが正常に働くと、ニキビなどの肌トラブルの予防や改善だけではなく、あきらめがちなシミやくすみの改善にもつながります。

しかしターンオーバーを促進しようとお肌を過剰にこするのは厳禁。なぜならターンオーバーが正しい周期で行われ、古くなった細胞が自然に剥がれることが、健康な肌の秘訣だからです。これからのお肌のためにも、簡単に出来る対策は早め早めに取っていきましょう!

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る