美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年11月20日

キレイと若作りは別!知ってて損ナシ、30代からの美肌メイク術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最初にメイクを始めたのは何歳から? 10代の方も多いのでは。女性は時代の流行や周囲に合わせて、メイクを覚えていくんですよね。

メイクをする若い女性たち

20代になると、自分のメイクを見つけどんどん慣れてきて……。でもアナタの手が覚えているそのメイク、そのままでは30代女性には通用しないのです。というのも……若作りに見えてしまうことも!?

そこで今回は、30代からの大人の美肌メイク術をご紹介します。

隠そうと塗りまくらないことが鉄則

20代の頃には、ファンデーションを塗るだけで、キメが整い、ムラがなくなっていたのに……。なかなか隠れてくれないと、どんどん塗りまくっていませんか。

その結果、首と顔の色の違和感や、ファンデーションがよれることで、厚塗りを露呈してしまうことに。若々しく見せたい『ナチュラルメイク』には、ほど遠い仕上がりになってしまいますね。

自然に見せるためには、ファンデーションは薄くつけることが鉄則。「でも、それでは見せたくない部分が隠せない」と不安になりますよね。そこでしっかり塗り込むのは、ファンデーションではなく、下地クリームです。

ピンクやパープル系の下地クリームで、くすみをしっかり隠してからファンデを塗ると、しっかりカバーしてくれますよ。

★美容ライターおすすめのCC下地クリームと使い方は ⇒ 『満足度91%のCCクリームはエステ発!「一日中崩れない」秘密はCCクリームにあった!』

★『貴方の肌のお悩みは?肌色別、メイク下地の選び方!』はこちら。

タイプの異なる女性たち

『シワ』や『ほうれい線』には光の反射を利用する

女性の年齢が最も表れる場所として挙げられるのが『ほうれい線』。また、目尻の『シワ』に悩まされている人も多いですよね。笑顔でもないのに、シワやほうれい線が笑ったときのまま伸びない、なんてことも。

手で伸ばしたり、顔のエクセサイズをやってみたり。でもすぐには消えてくれません。そんなときに役に立つのが、ハイライト。

ファンデーションを塗ったあとに、ほうれい線やシワの目立つ眉間や目尻にハイライトを入れます。色はファンデよりも明るいイエロー系のベージュがオススメ。

陰影がシワを目立たせていますので、明るい色をのせて影を目立たなくしましょう。

パール系のハイライトを使用すれば、光の反射も強くなり、より効果的です。

カラーとボリュームは抑えた方が魅力的

最も20代のクセが出て、大人メイクになり切れないのがアイメイク。いつまでも黒のアイラインで目を囲み、ボリュームたっぷりのまつげを作っていませんか?

女性は30代になると、体のラインに丸みが出て、より女性らしくなっていきます。まゆげをふんわり描き、アイラインもブラウン系で細く引くようにしましょう。マスカラは、ボリュームタイプではなく、ロングタイプで。

ナチュラルに美しい女性イメージ

「なんかポイントが無くて薄い顔」と思うのは、見慣れている自分自身だけです。体のラインに合わせた柔らかいメイクにすることで、より女性らしさがアップします。

20代と同じメイクをしていると、30代では「厚化粧のイタい女」(悲しいですが、現実はキビシイ……)と見られてしまうかもですよ。

若さを主張するために、若いメイクをするのではありません。年齢に合わせて、気になるところをカバーし、見た目にナチュラルな美肌を作りましょう。結果的に「年齢よりも若く見える&キレイ~」と褒められるようになるんですから!!

★美容ライターおすすめのCC下地クリームと使い方は ⇒ 『満足度91%のCCクリームはエステ発!「一日中崩れない」秘密はCCクリームにあった!』

美容ライター:京香

40代後半。外資系コスメメーカーの販売員後、長年コスメやスキンケアアイテムの企画開発に携わる。現在はフリーの美容ライター兼サロンスクール講師。「基本を大事にしたアンチエイジング」をモットーとする。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る