美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年11月25日

首にできる湿疹やかゆみーー3つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ある日、首筋がムズムズして少しかいたら、日に日にかゆみが……、ずっとかゆみも湿疹も引かない……。こんな状況はありませんか? 髪の毛をアップにできないほど、赤くなっていたり、皮がめくれていたり。

首に違和感のある女性

首の湿疹には、たくさんの要因があります。今回は、よくある首の湿疹の原因と対処法を紹介します。

首の湿疹によくある3つの原因

首筋にできるかゆみのある湿疹の原因は、大きく分けて3つあります。

1.汗あれ

『汗あれ』という言葉をご存じでしょうか? 汗が原因となる湿疹に『あせも』がありますが、汗あれとあせもは全く異なるものです。あせもは、汗腺が詰まって発症する症状ですが、汗あれは汗が刺激となって炎症を引き起こすものです。

皮膚が正常な状態では、炎症が起きることはありません。しかし、皮膚のバリア機能が低下していると、汗の塩分やアンモニアが皮膚内へ侵入し、肌へ刺激を与えるのです。

お風呂で汗を拭く女性

2.乾燥

肌の乾燥は、顔だけでなく全身に起こります。『乾燥性敏感肌』という言葉をCMでも耳にすることがありますよね。この状態になると、外部からの刺激を敏感に感じ、皮膚炎を起こしてしまいます。

髪の毛や衣類の刺激に対しても反応するため、擦れる部位に湿疹やかぶれを発症するのです。

3.アレルギー

食事や花粉のアレルギーでも、首に湿疹ができることがあります。また、首に深く関係するネックレスでも金属アレルギーの原因となります。

アレルギーは体内に入った異物が許容量を超えたときに発症するので、突然起こったように感じます。今まで何ともなかったネックレスがアレルギーの原因であることは、充分に考えられることなのです。

首にできる湿疹の対処法

湿疹やかぶれで赤味を帯びた首筋は、隠したくなりますよね。でも、それが逆効果になるのです。何の対処もせずに、自然に治ることはありません。放っておくと、ますますかゆみがひどくなり、湿疹が広がる可能性もあります。きちんと対処しましょう!

1.しっかり保湿

入浴後、そのままにしていてはどんどん乾燥が進みます。顔に化粧水やクリームを塗るタイミングで、首も同じように保湿しましょう。

2.刺激を排除

刺激に結びつくものは、全て排除するぐらいの気持ちになりましょう。首に金属をつけない、髪の毛は首に当たらないように結ぶ、汗はこまめに拭き取る。このように、原因となりそうなものは、寄せ付けないようにしましょう。

3.ストレスフリー

ストレスは身体に様々な症状を引き起こしますが、湿疹もその一つ。例えば、肉体的なストレスである肩こり。

身体がこると、その部位では血行不良が起こっています。血液の流れは、皮膚のターンオーバーにも影響を与えるため、湿疹の症状が出ることも。しっかり身体のこりをほぐし、血行を良くしましょう。

お風呂でリラックスしている女性

かゆみのある湿疹は、汗をかいたり、体温が上がったりすると、ますますかゆみが強くなります。ガマンができないほどのかゆみで、血が出るほど、強くかきむしってしまうこともあります。

かけばかくほど見た目はもちろん、治りも悪くなりますので、長引く強いかゆみの場合は、必ず皮膚科を受診しましょう。

美容ライター:京香

40代後半。外資系コスメメーカーの販売員後、長年コスメやスキンケアアイテムの企画開発に携わる。現在はフリーの美容ライター兼サロンスクール講師。「基本を大事にしたアンチエイジング」をモットーとする。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る