美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年12月16日

エラグ酸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エラグ酸」と聞いてすぐにピンっとくる方は少ないのではないでしょうか。しかしエラグ酸はイチゴやブルーベリーなどのベリー系果実やナッツなどに含まれている、ポリフェノールの一種なのです。そしてポリフェノールといえば「抗酸化作用」。さらにエラグ酸は、お肌への美白効果まで認められているのです。*1996年、厚生労働省より認可。

ではエラグ酸は、具体的にどのような働きで美白効果を生み出すのでしょうか。

シミの原因となるメラニンは、チロシナーゼ酵素が活性化することにより生成されます。エラグ酸はそのチロシナーゼから銅イオンを除去し、メラニン生成の働きを元から無効化してしまいます。

ベリー系、ナッツ系の各種イメージ

さらにポリフェノールがもつ抗酸化作用により、エラグ酸にはお肌の老化自体を予防する作用があります。

紫外線などの影響で活性酸素が働き、肌が老化してメラニンが過剰生成されてしまうのですが、エラグ酸は抗酸化作用の点からもメラニン生成を抑制するため、美白成分としてかなり有効なのです。

またエラグ酸は天然成分のため副作用の心配もなく、敏感肌の方でも使いやすい美白成分と言えます。

主な働き

1.(メラニン生成を促す)チロシナーゼ酵素の働きの抑制
2.抗酸化作用
3.糖尿病予防
4.がん予防

期待できる美容効果

1.メラニン生成抑制による美白
2.抗酸化作用によるアンチエイジング

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る