美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年12月19日

毎日のヨーグルトでさわやか〝腸内美人″を目ざそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの腸はキレイですか? 善玉菌は、元気に働いているでしょうか?

ボウルに入ったヨーグルト

いつも元気で、身体の中から輝くような美肌を手に入れるには、腸をキレイにし、腸内環境を健康に保つことが大切だということが分かってきました。そして、そのための最強の食品がヨールグトなのです。

腸内の善玉菌を元気にするヨーグルト

人の大腸の中には、食べ物の消化を助け、病気への抵抗力をつける善玉菌と、炎症をおこしたり発ガン物質をつくったりと悪さをする悪玉菌が棲みついて、活発に活動しています。

二つのバランスがくずれて悪玉菌がふえると、便秘がちになり肌アレをおこしたり、免疫力が落ちて老化を早めることになります。善玉菌をふやすには、栄養源になる乳糖や乳酸菌を積極的に摂ることが大切ですが、この両方を同時に効率よく摂れるのがヨーグルトです。

発酵で牛乳の栄養価がさらにアップ

ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌を加えて発酵させた食品です。牛乳の栄養価をそのまま受け継いでいるのはもちろん、乳酸菌の働きで栄養がより吸収されやすくなっています。

ビンに入ったヨーグルト

中でも一番の違いはたんぱく質の吸収率。ヨーグルトでは、発酵によりたんぱく質がアミノ酸に分解されているので、吸収されやすいのです。ヨーグルトはカルシウムも豊富ですが、牛乳ではカルシウムの吸収率が70%なのに対し、ヨーグルトでは乳酸カルシウムという吸収されやすい形になっています。

ほかにも、乳酸菌の働きで便秘を改善したり、腸内環境をととのえて免疫力を高めるなど、牛乳にない健康・美容効果も加わっています。

代謝を高めて痩せやすい体質に!

肥満は便秘と大きくかかわっています。便秘がちの人は、腸内に有害物質が溜まったまま出口が詰まっている状態ですから、血液やリンパの流れが滞り、ダイエットを頑張っても脂肪をうまく燃やすことができません。

ヨーグルトを食べると、乳酸菌が大腸のぜん動運動をしっかりあと押し! ヨーグルト健康法でまっ先に実感できるのが、快適なお通じです。毎日の食事にヨーグルトをプラスして、すっきりスリムを目ざしましょう。

ヨーグルトは毎日食べよう!

ヨーグルトは、ビタミンCや食物繊維が多いフルーツと一緒に食べると、美肌やダイエット効果がさらにアップします。

ベリー系フルーツの入ったヨーグルト

健康と美容のためには、1日に200g~300gは食べたいところですが、ちょっと難しいという人は、まず1日100gからスタートしましょう。体内に入った乳酸菌は2~3日で排出されてしまうので、一度にたくさん食べるより、少しずつでも毎日食べることが大切。空腹時より食後に食べるのがオススメです。

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る