美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年12月20日

【漢方薬という選択肢】体質を知って、根本的な改善を目指して。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、体質改善インストラクターのヨウコです。

漢方薬というと、なじみのない方にとっては、現在の医療が確立する前の、古びた民間医療といったイメージがあるかもしれません。

漢方薬のイメージ

しかし、通常の医療において、治療が困難な症状を持つ人や、体質の改善を必要とする慢性の症状を持つ人にとっては、もう一つの選択肢であり、現代の医療においても頼れる存在となっています。

症状や病気に対処する通常の医療とは異なり、漢方薬は体質によって症状の改善を目指す医療です。

症状が安定しない、原因がわからない病気に対し、通常の医療はなす術がないこともありますが、漢方薬は症状や体質がわかれば、何かしらの改善の可能性があるといえます。

とくに女性外来や心療内科などには、自律神経失調症や更年期障害といった症状のはっきりしない状態の人や、月経痛や冷え性など、体質が原因となる症状を持つ人が多く訪れます。
そのため、漢方の知識を持つ医師も少なくはありません。需要の多い場面では、じゅうぶん漢方薬も活躍しているといえますね。

また、それ以外の専門を持つ医師の中にも、治療において、より多くの選択肢を持つために漢方薬を学ぶ方もおられます。

どんな症状であっても、「体質だから……」とあきらめる前に、漢方の取り扱いのある病院を受診してみてもいいのではないのでしょうか。

漢方の世界では、体内で何が起こっているのかを推測

複数のビンに入った漢方薬の原材料

場合によっては、いっけん関係ない症状について聞かれることもあり、ドキッとすることもありますが、関係していると思われる複数の症状に対処することによって、問題の根本となった体質を改善し、症状を抑えます。

そこで「片頭痛を治そうと思ったら、冷え性まで改善された」といったことも起こります。

漢方の考え方

漢方では症状はおもに、「気・血・水」の3つのうちのどれかに、何らかの不都合があるといった独特の考え方をします。

体質は体力や抵抗力をはかる物差しとして、おもに比較的体力があるとされる「実証」、弱々しく体力のない「虚証」の2つの「証」にわけられます。

また場合によっては、暑がりで胃腸が強く便秘気味な人を「実証」、寒がりで胃腸が弱く、下痢をしやすい人を「虚証」とみるなど、体質の見方も独特です。

下腹に問題がある女性イメージ

もちろんすべての症状に効果があるとは言えません。しかし、通常の医療では改善がみられない場合、新たな選択肢のひとつとして考えてみてもいいのではないでしょうか。

ニキビを気にする女性

私自身が漢方薬と出会ったのは、若いころのニキビでした。高価な化粧品を使ったり、皮膚科をいくつも通院しましたが、全く改善は見られませんでした。

なかば「お年頃だから仕方ないのかしら……」なんてあきらめていましたが、とあるドラッグストアで偶然、薬剤師にすすめられ、初めて漢方薬を服用したのです。すると今までとは違って早く、しかもきれいに治ったのです。

10代の初めから20代の初めまで悩み続けていたので、実に10年以上悩み続けた計算になります。

以降、病院では「鉄分を摂りましょう」といわれ、鉄剤を処方されるだけにとどまっていた生理時の貧血に漢方薬を用いた時期もあり、もっと早くに出会っていればと、駅のホームで気を失った際に、折れて差し歯にかわった1本の前歯に思いをめぐらせます(あ、遠い目をしてしまった……)。

副作用について

比較的副作用の少ないといわれる漢方薬ですが、中には過剰摂取によって体に問題を起こす生薬もあり、またアレルギーの可能性もあります。

このことから複数の漢方薬を勝手に服用することは、改善がみられないどころか悪い結果を招くことすらあります。

使用にあたっては、通常の薬と同様に用法用量は守らなければならないといえますが、幸い、多くの漢方薬が保険適用で処方されるので、知識のある医師のもとで、安心して、少ない負担で使用することができますよ。

処方箋と薬を比べる薬剤師

また、忙しいときなど、受診ができない時もドラッグストアや薬店で購入できるといった便利な面もあります。

「気軽に」とは言えませんが、体質だからと我慢するより、ぜひ一度、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

※各お悩みに合わせた漢方薬のご紹介を、今後不定期で更新していきます。少しでも気になる症状をお持ちなら、チェックしてくださいね。

体質改善インストラクター:ヨウコ

30代前半。若いころから体調不良になりやすかったため、ツボや姿勢矯正、サプリメントについて学ぶ。現在はスクール講師。 長く続けられる体質改善のコツを、分かりやすく紹介することを目指す。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る