美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年12月27日

体内時計、リセットしてる?美肌を作る効果的な睡眠のとり方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは良質な睡眠時間を確保していますか? 実は睡眠時、体の中では日中に摂取した栄養がカラダの各所に運ばれています。

眠れない女性

適度な長さの質の良い睡眠がとれなければ、栄養は内臓優先で運ばれるため、表面の肌までは充分に栄養が行き届かなくなります。その結果、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。

ターンオーバーってなに?

ターンオーバーとは古い皮膚が死んで角質となり、基底層(肌奥の層)で新しく生まれた肌細胞に持ちあげられ、垢となって自然にはがれおちるまでの、「肌の生まれ変わりサイクル」のことです。

ターンオーバーが起きなければどうなるの?

皮脂や老廃物が規則正しくはがれ落ちずに皮膚表面にたまると、毛穴のつまりだけではなく、皮脂や老廃物をえさとするアクネ菌が肌上で増殖し、結果的に肌荒れの原因となります。

しかしターンオーバーは早すぎても問題が。角質がはがれすぎて敏感肌になり、やはり肌が荒れやすくなるのです。

遅すぎても早すぎても、健やかな肌を作れないターンオーバー。これを正常に保つためにも、規則正しい睡眠をとる必要があるのです。

睡眠の種類

睡眠は2つの種類があり、レム睡眠という「夢をよく見る浅い眠り」の時間、ノンレム睡眠という「殆ど夢を見ない深い眠り」の時間があります。この2つは90分周期で繰り返されています。

そのため、睡眠は6時間、7時間半などの90分(1時間半)の倍数でとると良いと言われています。

効果的な睡眠をとるには

①朝日をちゃんと浴びて体内時計をリセットする

体内時計が狂うと自律神経もダメージを受けるため、休日でも10時までに起きることを心掛けましょう。

元気に朝日を浴びる女性

②毎日6時間、7時間半など決まった時間の睡眠をとる

睡眠時間もできるだけ同じ時間に取るようにしましょう、特にダイエットホルモンや美肌ホルモンが分泌されるのは夜10時から深夜2時、この時間帯にできるだけ睡眠をとるようにしましょう。

③食事は毎日決まった時間に取るようにする

睡眠中に胃が動いてしまうと体の内部が活動している為、体が休まっていない状態になります。食事は眠る3時間前には済ませましょう。

④しっかり湯船にはつかるようにする

睡眠中は体温が下がってゆくため、眠る一時間前に体を温めることが大切です。シャワーだけで済ませず、湯あたりしない38~40度のお湯に10分~20分ほどつかり、体の奥まで温めると良いでしょう。

⑤肩こりを治す努力を

肩がこっていると血行が悪くなり睡眠不足になりやすい為、入浴中の血行が良くなる時などにストレッチやマッサージなどをして肩こりを改善させましょう。

⑥良質な音楽を聴く

特にα波の出ている音楽を聴くと脳がリラックスします。α波が出ている音楽というのは実は癒し系音楽でなく、ロックなど一見そう聞こえない音楽でも出ているものがあるそう。自分が好きで良く眠れると思う音楽を探してみましょう。

草原でリラックスして眠っている女性
⑦自分に合った布団や枕を探す

骨の形は人それぞれ違うので、枕や布団も人それぞれ合う、合わないがあります。自分に合った眠りやすい枕や布団を見つけましょう。

良質な睡眠をとって、きれいな肌と健康な体を作ってゆきましょう!

★深い呼吸が出来るようになったなら、副交感神経が高まり、リラックスして良い睡眠がとれるように!方法はこちら⇒【セルフ・リフレクソロジー】①不眠症にも!睡眠向上セルフ・リフレクソロジー

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る