美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年1月14日

サリチル酸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、多種多様なニキビケア化粧品を見かけるようになりました。これらの多くには有効成分として、医薬品の成分でもあるサリチル酸が配合されています。

サリチル酸の主な効果

①殺菌作用
②抗菌作用
③抗炎症作用
④角質の除去


ニキビケアは、原因となるアクネ菌を殺菌し抗菌することが大切です。

サリチル酸にはその2つの効果が含まれ、抗炎症作用によってできてしまったニキビにも対処することができます。

また、毛穴を詰まらせる原因となる角栓を溶かし除去する効果もあることから、ニキビの予防と悪化防止、2つの面で効果が期待できます。

古い角質を除去してくれるということは、ニキビ跡やシミ、そばかすを薄くする効果が期待できる物質といえます。また肌本来の透明感を取り戻し、化粧水や美容液の浸透を助ける効果もあるため、サリチル酸はケミカルピーリングにも利用されています。

ニキビを気にする女性

注意しなければならない点

まずは過剰な皮脂分泌によるニキビ肌向けの製品であるということで、これらが原因となる、男性や思春期のニキビには劇的な効果を期待できることもありますが、乾燥肌、敏感肌の人にとっては強い成分といえます。

とくにピーリング剤としての効果は、乾燥を伴うもので、じゅうぶんな対処ができなければかえって肌を傷つけることになりかねません。
あかみやほてり、かゆみなどの症状を伴う場合も多く、肌のバリア機能を損なう可能性もあります。

また、オイリーな肌質の人でも、表面の皮脂をすべて取り除けばそれだけでいいというわけではなく、そのあとにしっかり水分を補給、保湿をしなければ、乾燥した肌を守るために、肌は更なる皮脂の分泌が必要と判断します。
したがって、悪循環を生む可能性にもなりかねないのです。

サリチル酸は効果が期待できる成分ではありますが、その効果があればこそ、同時にそれがリスクともなりかねない成分といえます。

少量から試して、万一合わないと思った時は、即刻利用を中止する、またはニキビが気になるときだけ使うなど、自分なりの対処が必要といえますね。

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る