美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年1月27日

セラミド(美白)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「セラミド」と聞くと保湿効果の方がイメージが強いですが、その保湿効果からつながって「美白」にも効果があります。以下にセラミドの具体的な作用、効果をご説明していきます。

セラミドとはもともと表皮の一番上にある角質層に存在するもので、保水力・保湿力のあるスフィンゴ脂質の一種です。層と層の間に水分を閉じ込めることで、肌のうるおいを保っています。

セラミドが不足すると乾燥してシミ・シワになってしまうのはもちろん、外部刺激が肌の奥に伝わるため、悪化するとアトピー性皮膚炎になります。そのため皮膚炎に悩んでいる方は、まずセラミドを補うことが必要です。

肩を掻く女性

では美白効果はどのように生まれるのでしょうか。セラミドが足りている(生成されている)と、お肌のターンオーバーが正常な状態といえます。その場合、紫外線は皮膚内部まで浸透しにくく、結果的にメラニン生成が抑制されます。またうるおいのある肌はくすみが抜けるため、美白効果があるといえるのです。

またセラミドは、ヒアルロン酸やコラーゲンといった、別の保湿効果のある成分と一緒に活用することで、さらなる相乗効果が生まれます。

主な働き

1.肌の保湿作用
2.肌の保護作用
3.アトピー性皮膚炎の改善・予防

期待できる美容効果

1.メラニン生成抑制による美白
2.保湿によるシミ・シワ予防からくるアンチエイジング

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る