美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年1月22日

尽くしすぎる女は損をする!?好きな人との距離の置き方講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「私、尽くし過ぎちゃう女なの」などという人がいます。尽くしすぎてフラれてきた方もいるのではないでしょうか?

プレゼントをたくさんもつ男性とキスする女性

尽くしすぎると女は損をするんですよ。そしてお互いのためにもならないのです。彼とのいい距離の置き方をお教えします。

「女は尽くしてしまう生き物」なんていう言葉がありますが、確かに家庭を支えるという意味では尽くすのでしょう。しかし、尽くさないと「男性が離れて行ってしまう」と思っている人も多いのも事実です。

このような「してあげなきゃ体質」は、心配性の人にも多いパターン。つまり、「こうしてあげないと私のことを好きでいてくれないんじゃ……」などと思ってしまい、ついつい尽くしてしまうのです。

尽くす女が損するワケ

尽くすといってもいろんな形があります。彼の身の回りのことを全部してあげてしまうことや、彼がほしいと思っているものを先取りして買い与えてしまったり(これは「貢ぐ」にも入りますね)。

そうこういうことをすると、残念ながら男性は図に乗る生き物なのです。そう、「あたりまえ」になってくるんですね。

すると、女性がちょっと疲れて世話をできなかったら男性から怒られたり、責められたりしてしまう事に!

男性に怒鳴られ悲しむ女性

彼のことが好きで尽くしているのに、少しのことで怒られるなんて嫌ですよね。でも自分の尽くしすぎが原因ということも、悲しいかな事実なのです。

尽くす女の言い分

尽くす女の言い分が、彼との間に亀裂が生じさせる原因にもなります。それは「こんなにしてあげているのに」――この一言です。

こんなに頑張っているのに、なんで気づいてくれないの? という不満を彼にもらしてしまうと、彼はとてもゲンナリします。

この状況、「やってなんて言ってない」と言われたら終わりですよね。尽くす女性は勝手に「尽くし疲れ」に陥ってしまっている傾向もあるのです。

そうならないためにも適度な距離を保てるようにしていきましょう。

彼との距離の置き方

何でもしてあげたい気持ちをグッと抑えて、少し彼の生活パターンをのぞいてみましょう。

ある程度散らかっていてもOKな人、自分で綺麗にしたい人、本当は一人になりたい時間もほしい人……。性格は様々ですよね。

好きな人との距離は近すぎても遠すぎてもダメです。でも居心地のいい距離感というのは(もちろんカップルによって異なりますが)絶対にあるはずです。

外で景色を眺める男女

彼が一人暮らしをしているのなら、ある程度のことはできるわけですし、自分が全部やってあげなくてもいいのです!

モノを買ってあげちゃうような人は、ある程度の大人であれば、好きなものは自分で買います。買ってもらおうなんて(多くの男性は、おそらく)思ってないので、特別な日以外は別にプレゼントする必要もないのですよ!

もちろん「これ彼に似合うな」なんていう出会いの場合は、彼は喜んでくれるでしょう。

つまり、無理しない関係が一番なのです。「無理なく尽くす」場合はそのままでいいんですよ。適度な距離感をもって、お互い無理のない関係性を築いていきましょう。

仰向けでよりそうカップル

彼との距離感の確かめ方は、会話で補えます。勝手に尽くして疲れる女たちは、「してあげたことをほめてもらいたい!」と思うばかりになってしまう傾向にあるのです。

そうではなくて、本当に彼にとっては何がうれしいことなのかを考えて行動していきましょうね。素敵な彼を遠ざけてしまう「尽くしすぎる女」――損していますよ!

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る