美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年1月31日

カモミールエキス(カモミラET、カミツレエキス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カモミール、カモミラなど、似たような名称があり混乱してしまいやすいのがこの成分。しかしすべて同じ成分を指しているのです。以下にその名称と働きについて、ご説明します。

まずカモミールエキスとは、その名の通り、キク科植物のカモミールから有効成分を抽出したもの。カモミールは和名を「カミツレ草」というため、カミツレエキスとも呼ばれるのです。そして1999年、国内化粧品メーカー「花王」が医学部外品として認可を受けた同成分が「カモミラET」です。

カモミールは昔から現代まで、薬効の高いハーブとして重宝されています。婦人病や更年期障害から、スキンケアとしては抗炎症効果などがあり、また香りには精神鎮静の作用があることが認められています。

カモミール

カモミールエキスの具体的な美白の働きとしては、メラニン生成を活性化させる「チロシナード」を排出するよう指令を下す「エンドセリン」を抑制し、結果としてメラニン色素の生成を抑えます。

主な働き

1:メラニン色素生成を促進させるエンドセリンの働きの抑制
2:抗炎症作用
3:婦人病や更年期障害の緩和
4:精神鎮静作用

期待できる美容効果

1:美白(これからのシミ予防)。
2:既存のシミにも存在するエンドセリンを抑制するため、出来てしまったシミを薄くする。
3:抗炎症作用、収れん作用によるニキビケア
4:ターンオーバー正常化の促進によるアンチエイジング

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る