美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年2月7日

ノンシリコン・シャンプーやアウトバス・トリートメントでのヘアケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
艶のある美しい髪は古今東西、女性が手に入れたいモノ。どんなお手入れをすれば良いのか、試行錯誤を重ねている方も少なくないでしょう。

髪がボサボサの女性

今回はそんな美しい髪になるために、ノンシリコンシャンプーとアウトバス・トリートメントの相乗効果についてご紹介します。

シリコンとは

まずシリコンとはどのような作用を及ぼすものなのでしょうか?

シャンプーに含まれるシリコンは、髪の毛をコーティングし艶を出す効果があります。

しかしそれは表面的な効果だけで、髪に栄養を与えたり補修したりする効果はありません。

髪の中からきちんと栄養を補うには、シリコンの入っていないノンシリコンシャンプーで、頭皮の汚れを落としてから、上質なトリートメントで髪を保湿することが重要なのです。

アウトバス・トリートメントとは?

アウトバス・トリートメントとは、読んで字のごとく「お風呂の外で」使用するトリートメントのことです。

一般的なトリートメントは、塗った後にお湯で洗い流してしまいますが、アウトバス・トリートメントは髪に塗布した後もそのまま洗い落としません。

オススメのアウトバス・トリートメントとその使用法

基本的には、お風呂でシャンプー・洗い流すトリートメントを使用したあと、まだドライヤーをかけていないタオルドライ後の髪に、アウトバス・トリートメントを少量なじませるだけでOKです。

特にパサつきやすい毛先などを中心に揉み込むようにつけてあげます。しつこいようですが、もちろん洗い流す必要はありません。

昔から日本では椿オイルが一般的ですが、その他にあんず油、柚子オイルなどの種類があります。

つばきの花と椿オイル

あんず油、柚子オイルなどは椿オイルよりも軽いつけ心地のため、オイルを使い慣れていない方を中心に人気が高まっています。様々なメーカーから発売されているため、ドラッグストアなど店頭でも目にする機会が増えています。

面倒に思わず、これらのオイルをぜひ使用してみてください。継続して使用することで、髪の水分量が変わり、失われた艶が戻りますよ。

黒髪がきれいな女性

女性にとって髪は、顔の肌と同様とても大事なものですよね。

ノンシリコンシャンプーとアウトバス・トリートメントを併用することで、乾燥や年齢に負けない美しい髪を手に入れて、後ろ姿(も?)美人を目指しましょう!

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る