美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年3月20日

春は抜け毛のシーズン!美髪を育てるヘアケア対策で先手を打って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春になると抜け毛が増えた気がしませんか? それは、気のせいではありません。通常1日50本から100本の抜け毛は、春には150本から200本に増えるのです。

ブラシについた抜け毛を気にする女性

このまま薄毛になってしまうのではと、不安が心をよぎりますよね。そんな不安を解消するために、春の抜け毛の原因と、ヘアケア対策を紹介します。

春に髪の毛が抜ける二大要因

抜け毛が季節に関係していると、今まで考えたことがなかったという方も多いのではないでしょうか。何となく季節の変わり目には、抜け毛が増えるという感覚だったのでは?

春は、普段より髪の毛が抜ける季節なのです。その原因には、大きく2つのことが関係しています。

1.自律神経

冬は寒さに対応していた自律神経が春を迎え、夏の暑さに順応できるように準備を始めます。

毛髪のサイクルが夏に休止期に入るため、春の間に細胞を作るのですが、その際に抜け毛が発生するのです。

また、春はストレスの多い季節でもあります。そのせいで自律神経が乱れ、ホルモンバランスを崩すことも、抜け毛を引き起こしているのです。

2.アレルギー

春になってやってくる招かれざる客「花粉症」。このアレルギーは、鼻炎や眼のかゆみを起こしているだけではありません。頭皮トラブルの原因にもなっているのです。

花粉アレルギーで頭皮に炎症やかぶれを引き起こし、抜け毛を発生させます。

春のヘアケア対策3つ

春には、いつもの倍である200本ほどの髪の毛が、自然に抜けていきます。この自然脱毛を心配し過ぎる必要はありません。ただし、ヘアケアを怠ると、髪のサイクルが乱れます。

新しい髪が生えてこずに、薄毛になってしまうこともあるのです。

1.保湿とマッサージ

頭皮の乾燥を防ぐために、保湿をしっかり行いましょう。皮脂が多いのは、乾燥した頭皮を守ろうと皮脂分泌が増えているからです。皮脂が多いと汚れも溜まりやすく、毛穴を塞ぐことになります。余分な皮脂を防ぐためにも保湿が大切です。

シャワーで髪を流す女性

また、ストレスで頭皮が固くなっていると、血液も滞っています。血行不良を起こした頭皮には、酸素や栄養が充分行き渡りません。頭皮マッサージで血行促進をすることは、髪の成長に効果があるのです。

2.紫外線対策

春になれば、紫外線の量も増えてきます。まだ早いと思わずに、すぐに紫外線対策を行いましょう。

紫外線によって毛根にダメージを受けると、毛乳頭や毛母細胞にも影響を与えます。活発に細胞分裂を行わない毛母細胞では髪の毛を作ることができず、成長していない髪の毛までも抜けてしまうことになるのです。

帽子や日傘で、頭皮を紫外線から守りましょう。

3.ヘアドライ

寒いときには、すぐに乾かしていた髪の毛も、暖かくなると自然乾燥のまま放置することはありませんか?

濡れたままの髪の毛は、切れ毛や抜け毛を増やします。それだけではなく、細菌が繁殖しやすい環境を作り、頭皮トラブルの原因にもなるのです。

春らしい花を持つ女性

春に抜け毛が増えるのは自然のこと。心配し過ぎると、それがストレスとなり、円形脱毛を引き起こすこともあります。

不安になることはありません! 新しい髪の毛の生え変わりを妨げないために、保湿や紫外線対策を怠らず、ヘアケアをしっかり行いましょう。

ヘアメイク:リエ

40代前半。主に女性ファッション誌やショーモデルのヘアメイク担当。長所・短所を活かしたメイクアップと、健康的なヘア育成法について研究している。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る