美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年3月24日

毎日食べたい!「超」がつくヘルシーバイオ食品「納豆」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
原料の大豆は、それ自体バランスが取れていて、どこも捨てる部分がなく丸ごと食べられる食品の1つ。

納豆

畑の肉と言われ、健康と美容に役立つ成分をたっぷり含んでいます。この大豆だけでもスゴイのに、発酵させることでさらにパワーアップしたのが納豆です。今や世界が注目!日本が生んだ最高のヘルシーバイオ食品を、特に女性は毎日食べるようにしたいですね。

発酵で大豆をはるかに超える栄養価!

大豆を母としながら、はるかに超えるパワーを持つ納豆は、大豆に含まれる美容・健康成分をそのまま継承。

ビタミンEやイソフラボン、サポニンは、若さの大敵となる活性酸素を除去する働きがあります。さらに発酵の過程で、たんぱく質やビタミンB群、食物繊維の吸収率がアップするほか、大豆にはない優れた栄養素も生みだしています。

お箸で持ち上げられる納豆

たとえば、ビタミンB2の含有量は大豆の約2倍。大豆にはほとんどないビタミンK2も納豆には多く含まれています。

ビタミンK2は、カルシウムを取りこんで骨を丈夫にする成分。さらにねばねばに含まれるポリグルタミン酸が、カルシウムの吸収を助けてくれます。

血液をサラサラにするナットウキナーゼ

もう一つ忘れてはいけないのが、納豆菌が作りだすナットウキナーゼです。

これもねばねばに含まれる酵素の一つで、血栓を溶かし血液をサラサラにする働きがあります。そのパワーは強力ですが、熱に弱いのが弱点。

効果を期待するなら、よく混ぜてそのまま食べるのがオススメです。ご飯にかけるときは炊きたてより、少し冷ましてからにするといいですね。

夕食にも納豆を食べましょう

朝食に納豆を食べる人は多いと思います。もちろんそれでも良いのですが、納豆の美容効果をもっと高めるには、夕食に食べるのがオススメです。

納豆の乗ったご飯

人の身体は眠りについて2~3時間後に成長ホルモンを分泌し始めるのですが、この働きを活発にするのが納豆に含まれるアルギニンです。

また血栓は夜できやすいので予防にも効果的。血行が良くなれば、お肌にも栄養が届きやすくなります。

ほかにもビタミンB2が肌細胞の生まれ変わりを促したり、ビタミンB6が皮脂の分泌をコントロールしたり、カリウムがむくみを解消するなど大活躍! 眠っている間にキレイになれるというわけです。

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る