美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年4月1日

春眠暁を覚えず!どうして春は眠くなるの?原因と対策はコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝の寝覚めが悪く、なかなか起きられない。日中でも生あくびが出てしまう――春になると、どんなに寝ても眠いと感じている方も多いのではないでしょうか。

目をつぶっている女性

「春眠暁を覚えず」ということわざがあるように、春はつい寝過ごしてしまう季節です。春になると眠くなってしまう原因と、睡魔への対策を紹介します。

春に眠くなる原因とは?

春に眠くなるのは気候が良いからだと、漠然と感じていませんか? その考え方は、間違いではありません。

春の心地よい気候と睡眠には、とても深い関係があるのです。

1.自律神経

冬は外気の寒さが刺激となり、交感神経が活発に働きます。しかし暖かくなるにつれて副交感神経が優位になり、体をリラックスモードへと導きます。

心身ともにリラックス状態になるため、眠りを誘導してしまうのです。

体温も睡眠と深く関わっています。体温が低下することで眠りに入りやすくなるのですが、気温が低い冬には体内の熱が放出されず、体温がなかなか下がりません。

そんな冬とは異なり、春は気温の上昇で体の熱が放出されます。その結果、体温が下がりやすくなり、眠りにつきやすくなるのです。

2.睡眠ホルモン

睡眠ホルモンであるメラトニンは、分泌量が増えることで睡眠を促します。朝太陽を浴びるとメラトニンの分泌が止まり、夜になるにつれて分泌が高まっていくのです。

この分泌量のピークを迎える時間が、暖かくなるとどんどん早まってくるため、春は冬よりも入眠しやすくなるのです。

また、季節は春になっても体は冬の習慣を引きずっています。そのためホルモン分泌が不規則になり、昼間に睡魔が襲ってくることもあるのです。

春の眠気に負けない3つの対策

春の睡眠はとても心地よいものですが、昼夜関わらず睡魔が訪れる度に眠るわけにはいきません。

枯れ葉の上で寝転がる女性

そんな不意にやってくる眠気への対策を紹介します。

1.昼寝

最も良い方法は、15分から20分程度の昼寝をすること。

午後の眠気のピークは14時から16時の間に訪れます。その前に昼寝をすることで、午後の睡魔を乗り切ることができるのです。

ランチのあとにカフェインを摂り、少しだけ仮眠をとればリフレッシュできますよ。

2.太陽

朝しっかり太陽を浴びることでメラトニンの分泌が止まり、体内時計がリセットされます。

体は自然に覚醒し、夜になると睡眠ホルモンの分泌が促されます。そうすることで自然な入眠をもたらします。

規則正しく質の良い睡眠をとることで、日中の耐えられない眠気もなくなるのです。

3.おやつ

八つ時に食べる「おやつ」。この八つ時という時間は、昔の「未の刻」であり現在の「14時」にあたります。

14時といえば、ちょうど午後の眠気のピークを迎える時間。この時間におやつを食べて、眠気を克服しようという考えが、昔からあったのです。

脳を活性化させるブドウ糖をおやつで摂り、活発に作業が行えられるように心がけましょう!

花畑で笑顔の女性

冬の冬眠モードから活動期へと移行する目覚めの春は、体が冬との切り替えを行っている季節です。そのために、眠りからなかなか抜け出せない状態。

冬に比べて日差しが強くなる春に、しっかり太陽を浴びて体内時計を合わせましょう。我慢できない睡魔は、昼寝やおやつで乗り切ってくださいね!

体質改善インストラクター:ヨウコ

30代前半。若いころから体調不良になりやすかったため、ツボや姿勢矯正、サプリメントについて学ぶ。現在はスクール講師。 長く続けられる体質改善のコツを、分かりやすく紹介することを目指す。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る