美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年4月20日

カルシウム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルシウムは、成人の体内におよそ1㎏あると言います。そのうちの99%が骨と歯に存在していることから、カルシウムは骨と歯の組織の生成には欠かせない成分です。

また骨は、カルシウムを蓄えておく器官でもあり、必要に応じて、カルシウムを体内の部位に供給するという役割も担っています。

しかし、普段の食事から摂取するカルシウム量が少ないと、骨の中に蓄えられているカルシウムが溶け出すこととなります。この状態が長く続けば、骨量が減少して、骨がもろくなっていくのです。

またカルシウムは、神経伝達に深く関与しています。興奮や緊張などの刺激に対する神経を緩和させることで、ストレスを抑えるのです。精神的な面においても、ストレスの多い現代では、カルシウムを十分に摂取することが望ましいと言えます。

チーズなどの乳製品

カルシウムは血液中に一定濃度で含まれていますが、カルシウムの濃度が減少すると神経や感情のコントロールが乱れていきます。結果としてイライラした精神状態を引き起こします。

しかし、カルシウム不足がすぐに血中のカルシウム濃度を減少させるわけではありません。先述したように、血中のカルシウムが足りなくなると、骨に蓄えられているカルシウムが溶け出し、濃度が一定に保たれるからです。

そのため、カルシウム不足で最も怖いのは、「骨粗しょう症」などを招く「骨密度の低下」と言われています。

このようにカルシウム不足は、心身に多大なる影響を及ぼします。そのため、普段からこまめにカルシウムを摂取することが大切です。

※カルシウムは、「乳製品」「骨まで食べられる魚類」「小松菜などの葉物野菜」に多く含まれています。

主な働き

1.骨や歯の生成
2.神経伝達のサポート
3.血液の凝固作用
4.筋肉の収縮

期待出来る効果・予防

1.骨粗しょう症の防止
2.精神の安定
3.高血圧防止
4.動脈硬化防止

過剰摂取による副作用について

サプリなどによる過剰摂取は副作用を起こします。そのため規定量を守って摂取するようご注意ください。気になる場合は医師にご相談ください。

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る