美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年11月1日

疲れてるのって聞かないで。青ぐまをなくして老け顔改善!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寝不足やパソコン作業での疲れ目、不規則な生活等によっていつの間にか現れる、目の下のくま。実際以上に疲れているように見えたり、実年齢より上の老け顔に見られたりと、女性にとってはとても厄介なものです。

目の隈を気にする女性

また、くまがある事で、人からの第一印象も「怖い、暗い」等という悪いイメージに繋がってしまう場合も! お化粧で一生懸命隠しても、残念ながら「くま」そのものの改善には繋がりません。

ここではくまの中でも「青ぐま」についてご説明します(他には「茶ぐま」「黒ぐま」があります)。青ぐまの原因を知り、くまが出来にくいお肌を目指して老け顔の改善を目指しましょう!

青ぐまはどうして出てくるの?

目の周囲はとても薄い皮膚になっています。その中でも目の下は特に皮膚が薄く、毛細血管が見えやすくなっているのです。

通常、赤血球に含まれているヘモグロビンは酸素を含んでおり、血液により全身に運ばれます。身体中の組織に酸素を供給した後に、還元ヘモグロビン(酸素を含んでいないヘモグロビン)として、血管内を流れます。

睡眠不足、ストレス、不規則な生活、疲れ目、ドライアイ等の様々な原因によって、毛細血管の血流が悪くなると、薄い皮膚を透して、還元ヘモグロビン(黒っぽい色)が、くまとなり、透けて見えているのです。

青ぐま対策をして老け顔改善

①疲れ目を改善させる

疲れ目を改善させる方法として、ホットタオルを目に当てて目の周りの滞った血流を促す、という方法があります。

タオルを水で濡らして水滴がぼたぼたと垂れなくなる程度にしぼり、ラップに包むかレンジ対応の保存用袋に入れましょう。それを1分程電子レンジで温めればホットタオルの出来上がりです。

目を瞑った状態で、タオルを瞼に乗せましょう。ジワーとタオルの温かみを感じる事が出来ると思います。ホットタオルの温度は熱過ぎない程度(気持ちが良いと思える温度)が適切ですよ。
1日の終わりにホットタオルで疲れた目をいたわってあげましょう。

②鉄分を多く含む食品を摂取する

鉄分が不足していると、酸素をうまく運ぶ事が出来ずに血流が悪くなってしまいます。

目の下は皮膚がとても薄い状態なので、貧血の影響がくまとして現れる場合があるのです。
鉄を多く含む食品を摂取する事を心がけてみましょう。

※鉄を多く含む食品:レバー、あさり、パセリ、納豆、ひじき、にぼし等

あさり料理

③目の下は厚いファンデーションやコンシーラーは控える

くまが気になるからといって、分厚くファンデーションを塗ったり、コンシーラーを塗ったり等という事を日常的に行ってはいませんか? くまの上にさらなる色素沈着を起こしてしまい、くまが悪化する可能性があります

またコンシーラーを塗る時は、くま全体に塗るのではなく、くまの境界線だけで良いのです。くまの境界線に塗ったら、あとは境界線をぼかしていくようなイメージでトントンと優しく叩いて、伸ばしていきましょう。

④身体全体の血流を促進させましょう

基本として、普段からシャワーだけしか浴びていない方は、湯船に浸かってみましょう! 身体全体の血流促進に繋がります。

また、肩甲骨をよく動かすような運動やストレッチをする事と、肩、首、顔周囲の血流が促進されるのでオススメです。

簡単ストレッチ!顔のたるみも肩こりもバイバイ

肘から上を両わき腹にくっつけて小さく万歳をするような格好になります。
その状態のまま、両肩甲骨を真ん中に引き寄せるようなストレッチを行う事で、背中や首、顔周囲の血流が促されます。

5秒引き寄せ楽にするストレッチを数回行ってみて下さい。

このストレッチはとても簡単でオススメですよ。顔のたるみを解消してくれる効果や、肩コリ予防にも繋がります!

肩のストレッチをする女性

普段運動をしていない人は、無理のない範囲で運動をしてみても良いでしょう。滞った血流を促す習慣を付ける事は、くまの予防にもなります!

くまをスッキリ改善させるのは、時間がかかります。その為にも、血流が促進するような生活習慣や、ケアが必要です。

パソコン作業が多い人は1時間に1回は目を休ませて、遠くを見るなど簡単に出来るような習慣を身に付けてみましょう。

また、化粧品を使用した後は、目元専用の化粧落としを使用し、優しく洗い流してあげたり、アイクリームを使用し、ケアをする事もくま予防に繋がってきます。くまを改善して、マイナス5歳の顔を目指しましょう!

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る