美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年5月1日

紀元前からの健康食材「アロエベラ」で、便秘知らずの天然美肌に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロエベラ(Aloe vera) とは、ユリ科アロエ属の多肉植物のこと。原産地はアフリカから地中海沿岸ですが、世界中の(寒さに弱いため、主に)乾燥地帯で育てられています。

またその歴史は古く、古代エジプトのミイラとともに埋葬されていたパピルスに、アロエベラに関する記述(眼病への効果や、ミイラの防腐剤としての使用法など)があるほどです。

「アロエ」と一口にいっても、その種類は数百とも! 日本でよく室内で育てられているアロエの多くは「キダチアロエ」「シャボンアロエ」と呼ばれる種類で、ここで取り上げる「アロエベラ」とは(同じ「アロエ」ではあるものの)異なります。

アロエ

アロエベラは、昔からやけどの手当などに使われてきた民間療法のアイテムですが、経口摂取(つまり「食す」)での効果も昔は利用されていました。

たしかに現代においても、「アロエジュース」など日本でも有名です。しかし「なんとなく健康に良い」というのは分かっていても、その具体的な効果までは知らないという方も多いはず。

そこで、アロエベラには具体的にどのような効果があるために、「特に女性にオススメ」したいのか、以下にご紹介します!

アロエベラには便秘改善効果が!

アロエの葉の外側、つまり外皮には「アロイン」という成分が含まれています。これは苦み成分であり、消化器官の活動を活発化する作用があります。

胃もたれや便秘に対して有効で、慢性的な便秘に悩む女性には嬉しい健康素材です。

アロエと女性

便秘薬を使用するとお腹が痛くなってしまう--そのようなお悩みを持つ慢性便秘の方は、アロエベラのようなマイルドな自然素材を使って、便秘解消を試みてはいかがでしょうか。

アロエベラの食べ方

もし自宅などで栽培している場合は、生食もできます。外皮を切り取って中の葉肉部分を食べるのです。

アロエベラ

また葉肉部分は、水分を多く含み加熱処理には適していないため、「熱を通さずに食す」とアロエの良さを失わずに済みます! さらにはヨーグルトとの相性も抜群。そのため「アロエヨーグルト」として販売もされていますよね。

今ではドラッグストアやスーパーなど身近な場所で、アロエベラのジュースや粉末も売られています。これらの製品を上手く活用して、数千年の歴史を持つアロエベラの恩恵をたっぷりと取り入れてみては!?

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

キーワード

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る