美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年5月12日

顔だけ白浮きしていない?シワまで隠す首メイク術を伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、メイクをしたときには気づかなかったのに、外出時にふと鏡をみると顔だけが白く浮いていることがありませんか?

外の鏡で顔を見る女性

顔と首の色の違いがくっきりとしたメイクに、とても恥ずかしい気持ちになりますよね。顔だけ明るくなると、首がより暗くなり、見た目年齢もぐんと上がってしまいます。

白浮きせずに首のシワまで隠すメイク術をご紹介します!

ファンデーションのカラー選びがコツ

顔の白浮きは、意外に自分では気づかない場合があります。美白に敏感な女性の心理として、少しでも「顔を白く見せたい、明るく見せたい」という気持ちが強く働き、明るい色味のファンデーションを選ぶ傾向にあるようです。

白浮きしないメイクのためには、ファンデーションの色選びがコツ。ファンデーションを購入するときに、テスターを手の甲につけて色を選んでいる人をよく見かけますが、このカラー選びはNGです。

正しい色の判断は、「フェイスラインと首の境界」に塗って試してみること。こうすることで、首にも馴染む色を見つけることができるのです。

フェイスラインでファンデーションの色を見る女性

白浮きしたメイクは顔だけが目立ち、大きく見えてしまいます。白浮きメイクを防ぐために、首に馴染むファンデーションの色を見つけてください!

白浮きしないファンデーションの塗り方とは

メイクのときに注意したいのが、部屋の明るさです。メイクしたときの印象と外出先で鏡を見たときのギャップが起こらないように、外光が入る明るい部屋でメイクをしましょう。

ファンデーションを塗るときは、まずフェイスラインから始めます。鼻筋や頬の厚塗りを防ぎ、化粧崩れ防止にも繫がります。

最後にパフやブラシに残っているファンデを、首筋にも馴染ませるように塗ると、顔と首の境界をぼかすことができます。

首に合わせたカラーによって顔の印象が暗くなり過ぎた場合には、ハイライトで調整します。おでこや鼻筋、頬にハイライトを入れると顔が明るくなります。

また、ファンデーションの2色使いも白浮きを防ぎ、明るい印象を与えます。TゾーンをUゾーンよりもワントーン明るくすることで、小顔効果もありますよ。

下地や日焼け止めクリームも白くならないものを選びましょう。ファンデーションは、リキッドタイプよりも「パウダー」の方がオススメです。

最後に化粧水をスプレーしティッシュオフをすれば、よりナチュラルな仕上がりになりますよ。

シワまで隠す秘密の首メイク

顔よりも年齢が出やすい首。白浮きしないメイクができれば、ついでに首のシワまで隠してしまいましょう。

首のシワ隠しには、「リキッドファンデーション」が効果を発揮します。

まずは、リキッドファンデをブラシにとり、首の気になる部分のシワをなぞります。指でぼかした後、パウダーでさらに馴染ませましょう。このときのパウダーは、「ピンク系」か「パープル系」の白っぽいカラーがオススメです。

リキッドファンデ以外にも、白いコンシーラーでシワ隠しができます。塗った後は、同じようにパウダーで馴染ませてくださいね。

ブラシで首にメイクをする女性

ついつい明るめのファンデーションを選んでしまいがちですが、首に合わせたカラーを使うと、白浮きを防ぐことができるのです。

今まで使っていた色味よりワントーン、ツートーン暗い色になってしまうかもしれませんが、肌の色が黒いということではありません。

自然に顔や首に馴染む色でメイクすると、よりナチュラルで若々しいメイクになりますよ。

ヘアメイク:リエ

40代前半。主に女性ファッション誌やショーモデルのヘアメイク担当。長所・短所を活かしたメイクアップと、健康的なヘア育成法について研究している。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る