美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年5月15日

30代からは加齢肌!?肌トラブルを防ぐ3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢とともに気になる肌のくすみ、しわ、たるみ。「25歳はお肌の曲がり角」という言葉は、あまりにも有名ですよね。すでに実感している方もたくさんいらっしゃるのでは?

顔の肌にトラブルを抱える女性イメージ

残念ながら加齢によって、徐々に肌の衰えが目立つようになります。そこで今回は、誰でも手軽に始められる加齢肌対策を紹介します!

保湿の徹底と適度なピーリング

肌の老化を進行させるのは、乾燥。ターンオーバーに乱れが生じ、しわやたるみの原因となっています。まずは、徹底的に保湿を行い、肌の乾燥を防ぎましょう。

洗顔後に何もしないでいると、肌はどんどん乾燥します。すぐにたっぷりの化粧水と保湿成分が配合された美容液で、肌を守ってください。

細胞が入れ替わる「ターンオーバー(新陳代謝)」のサイクルは、(個人差はありますが)基本となるのは28日周期。しかし年齢とともにターンオーバーは遅くなり、30代では約40日程度かかるようになります。

ターンオーバーが正常に行われずに、表皮細胞が剥がれ落ちないまま残っていると、肌のごわつきやくすみの原因になります。数週間〜1カ月に一度ピーリングを行い、ターンオーバーを促しましょう。

外からも中からもコラーゲンを補給

コラーゲンが不足すると、肌にしわが目立つようになります。体内で作られるはずのコラーゲンは、加齢によって減少するため、外側からも内側からも補給してください。

コラーゲン配合の基礎化粧品を使っているからと安心してはいけません。コラーゲンは分子量が大きいため、肌の奥まで浸透することは難しいのです。ただし、保湿効果は大変優れているため、しわやたるみを潤いで防いでくれます。

ゼラチン質の多いスープ

コラーゲンを内側からも補給するために、食べ物からも摂取しましょう。成分配合の飲料やサプリメントもありますが、ゼラチンやうなぎ、牛スジや手羽先にも含まれています。

コラーゲンの合成に必要なビタミンCと一緒に摂ることを心がけてくださいね。

※摂取したコラーゲン全てが、顔の皮膚のコラーゲンになるわけではありません。

頭皮マッサージでリフトアップ

頭皮の血行が滞っていたり、たるんでいたりすると、顔にもたるみの影響が出ます。頭皮マッサージで血行を促進することが、顔のリフトアップにもつながるのです。

生え際から首筋まで、指全体でゆっくり揉み解しましょう。固くなった頭皮が柔らかくなり、疲労回復にもつながります。また、耳裏を上下に指で強くこすり、血行促進することも効果的です。

首や耳のマッサージをする女性

肌トラブルの対処に、遅過ぎることはありません。何もせずに諦めてしまわずに、今から加齢肌対策を始めてみませんか

今回対処法としてご紹介した保湿、コラーゲン摂取、頭皮マッサージは、どれも手軽に始められるものばかり!若々しいお肌を取り戻し、鏡を見る楽しみを増やしてみては?

美容ライター:京香

40代後半。外資系コスメメーカーの販売員後、長年コスメやスキンケアアイテムの企画開発に携わる。現在はフリーの美容ライター兼サロンスクール講師。「基本を大事にしたアンチエイジング」をモットーとする。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る