美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年5月20日

朝セットした髪のカールが長持ちするコツ。これで夕方ガッカリはもう卒業!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、しっかりセットしたはずなのに、夕方になったらヘアスタイルが崩れてしまう。そんな経験ありませんか?

髪が乱れた女性

髪質や気候の問題もありますが、できるだけ朝のスタイルはキープしたいですよね。

そこでここでは、朝セットしたカールが長持ちするコツについて見ていきましょう。ちょっとしたポイントを押さえれば、綺麗なヘアスタイルが長持ちしますよ。

1.セットする前に、髪をしっかり乾かす

朝、スタイリングする前に、寝グセ直しのブローをする方、多いですよね。

手に水をつけて、そのまま髪を濡らすという方や、スプレーボトルに水を入れて、それを吹きかけて濡らす方など、方法は様々だと思います。

しかしここでオススメしたいのは、寝グセ直しスプレーを使うことです。

単なる水だと、どうしても乾燥してしまったり、綺麗に寝グセが直せなかったりします。

その点、寝グセ直しスプレーを使えば、髪に潤いを与えつつ、綺麗にブローできますよ。

寝グセ直しスプレーを(内側の根元も含めて)髪全体に吹きかけ、しっとりするくらい濡らしてからブローしましょう。

ここでポイントは「きちんと乾かすこと」。濡れたままではすぐに変なクセがついてしまいます。完全に乾かしてしまいましょう。

2.カール (カーラー) ローションなどのスタイリング剤を使う

寝グセを直した後、「カールローション」などのカール専用スタイリング剤を髪につけていきます。スプレータイプやミルクタイプなど色々ありますので、好みに合ったものを使ってみてください。

※髪の毛全体に行き渡るようにスタイリング剤を塗布します。ムラのある付け方をするとカールが均等に出ないので注意してください。

ホットカーラーを使う女性

次にしっかりと温めたカールアイロンで巻いていきましょう。

※巻く際の注意点:
髪が長い方、髪の量が多い方、またカールアイロンに慣れていない方は、(特に後ろ髪を)しっかりとブロッキングしてください。

そのちょっとした手間により根元まで巻けるので、さらに綺麗なカールをつくることができますよ。

ブロッキングしてホットアイロンを使用イメージ

最近では自動で巻いてくれるカールアイロンもありますので、どうしても自分で巻くのが難しいという場合は、そのような便利グッズを試されてみては?

3.カールをつけたら、すぐにほぐさないで冷やす

カールアイロンで巻いた髪は、しばらくほぐさないでそのままにしておきましょう。
というのも、温かい状態から冷える時にカールのクセがつくためです。

温かい状態の時にほぐしてしまうと髪がだれてしまってカールが綺麗につきません。しっかりと冷やしてからほぐすようにしましょう!

時間がない時は、ドライヤーの冷風を弱めにかけると早く冷やすことができますよ。

4.最後に必ずスプレーでキープする

綺麗なカールができたら、最後に必ずキープスプレーでスタイルを固定しましょう。

キープ力は、やはりスーパーハードなバリバリに固めるタイプが一番ですが、古い印象になってしまうことも。

ただし、ソフトな質感がいいからといって何もつけないのはNG。ソフト系であってもスプレーをした方がスタイリングは長持ちします。

こなれ感を重視した柔らかいカールに見せたいという方は、ソフト系スプレーを使ってください。また「スプレータイプのワックス」もありますので、そちらを試してみるのもオススメですよ。

全工程をきちんとやると、結構な時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、朝にきちんとスタイリングしておくと、一日中綺麗なヘアスタイルをキープできるのは確かです!

キレイなカールヘアスタイルの女性

毎日は難しくても、夜に予定があるという日にきちんとスタイリングしておくと、夕方がっかり……なんて事態を防げますよ。

コツさえ慣れてきてスタイリングの時間も短くなります。ぜひ、面倒くさがらずにキレイのために少しだけ早起きしてみてくださいね。

ヘアメイク:リエ

40代前半。主に女性ファッション誌やショーモデルのヘアメイク担当。長所・短所を活かしたメイクアップと、健康的なヘア育成法について研究している。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る