美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年5月21日

悲観的女子はモテない!ネガティブオーラなダメフレーズ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間だれしも、落ち込んだ時には悲観的な言葉があふれて、愚痴っぽくなってしまうことはあります。しかしそうではない時にでも、ちょっと悲観的・卑屈な言葉を出している人、いますよね。

眉間にシワを寄せる女性

自分に自信がないからかもしれませんが、そんな言葉ひとつで損しているかもしれない! あなたも好きな相手に「ダメダメフレーズ」、言っていませんか?

1.わたしなんて

このフレーズ、よく言う女子、いますよね。自信のなさが漏れてしまっているのでしょうか。はたまた、「ただのかまってちゃん?」なんて思うことも。

この悲観的な言葉には、「そんなことないよ」とフォローしてほしいという願望(悪く言えば「裏」)があります。

そのためこの言葉をスルーしていると、あなたのことを「冷たい人」なんて思っちゃうのが、「わたしなんて女」です。口癖になっている人は絶対にやめた方がいいですよ。

2.あたしってブスだよね / デブだよね

答えに困る悲観的フレーズ。これも「そんなことないよ」を言ってほしいのが前提ですよね。

そうなると、最初から無意味な質問だったりします。

この「答えに困るシリーズ」は、結構女子が男子にしてしまいがちのため、男子からは「めんどくさい」と思われる原因になります。モテを気にするならば、自分を変な方向に見せないようにしましょう。

3.あたしのどこが変わったか、分からないの?

これは男子からすると、恐ろしい質問です。実際、男子から見ると分からないことも多数あるからです。

男性に文句を言う女性

美的感覚は男子と女子とでは違います。髪を少しだけ切ったり、服の雰囲気を(自分では)変えてみたり――そんなことは他人(特に男子!)からは分からないものです。

そこを「なんで分かってくれないの?」とヒステリックになったところで、彼からは嫌われる一方。気を付けましょう。

4.わたしにはそんなことできないな……

人と比べて悲観的になるフレーズです。うらやましいのか、嫉妬からなのか――他人が行ったスゴイ行為を、前向き(素直に褒める)ではなく、ネガティブにとらえる女子っていますよね。

そういった言葉を聞いても、はっきり言って誰も得をしません。ネガティブフレーズは、全般的に男子からしたら本気で「どうでもいい」と思うので、言葉にするのはやめましょう。

基本的に「悲観的女子」がモテない理由は、ネガティブで重いからです。それなのに、更にかまってほしいからと、このようなダメダメフレーズをたくさん言ってしまう傾向に。

これらのフレーズを言ってもOKな、「あなたを愛してくれる人」がいれば一番いいのですが、残念ながらいつかは一緒にいる方がつらくなります。

額を寄せ合うカップル

だからといって「いつでもポジティブでいろ!」とは言いません。ちょうどよいバランスで、ギャップをつくって、悲観的になって弱っている時には頼れる相手を見つけましょう。

ご紹介したフレーズは、「いざ、本当にかまってほしい時」には効果的! うまく使って男子を翻弄してみては?

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る