美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年5月24日

今年こそ「まつ育」しよう!まつげを育てるおすすめメソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まつげの長い女性って、魅力的ですよね。くるんと上がった上向きのまつげはお人形のようにかわいらしいですし、目を伏せると影ができて、とってもセクシーです。

横たわる女性

しかし、まつげが短くて悩んでいる女性も多いと思います。そこでここでは、まつげを育てる「まつ育」についてご紹介していきます。

1.まつげ美容液を使ってまつ毛ケアしよう

最近、地まつ毛(自まつげ)を育てる「まつ育」が注目されていますね。

数年前から流行のまつげパーマやまつげエクステンションによるダメージに悩む人が増えてきたもあり、自分自身のまつげを健康的に育てて伸ばす、という原点発想が、多くの女性の心を掴みました。

そこで、美容に関心の強い女性たちのあいだで、まつげ美容液は瞬く間に大ヒット!

実際に使っているという人も多いと思いますが、正しい使い方はご存じでしょうか?

まつげ美容液の種類と注意点

まつげ美容液には、主に「マスカラタイプ」と、リップグロスのようにチップに液を染み込ませてつける「チップタイプ」があります。

(どちらのタイプも)まつげ美容液は、きちんと根元につくように塗るのが効果的。

しかし、マスカラタイプは塗りやすいのですが、根元にはなかなかつけにくいですね。

反対にチップタイプは根元には塗りやすいですが、慣れていないと目に入りやすく、液量を調節するのが少し難しいです。

※チップタイプの使い方:まずチップを縦に向けてまつ毛のスキマを塗り、次に横向けにして目のカーブに合わせ、根元からまつ毛全体に塗るのがポイントです。

※両方のタイプとも、下まつげにも「縦向け」にして、根元までしっかりと塗りましょう。

ご自分の塗りやすい方をご使用なされば良いですが、どちらのタイプであっても、きちんと毎日時間を決めて塗るのがオススメ。

特に(22時から2時までの)就寝前の洗顔後、クリームなどを塗る前のすっぴんまぶたに使うのが効果的です。

2.リップクリームを塗ると本当にまつげが伸びるの?

学生時代に、「リップクリームを塗るとまつげが伸びる」なんていう話を聞いたことがありませんか?

都市伝説じゃないかと思っていたのですが、この話、あながち間違いではないようなのです。

まつげもそうですが、髪の毛も乾燥しすぎると抜けやすくなってしまいます。

頭皮はたくさんの髪の毛に守られていますが、顔は夏なら冷房、冬なら冷たい外気や暖房にさらされていますよね。するとまぶたの皮膚も乾燥し、まつげが抜けやすい状態になってしまうのです。

つまり、まつげにリップクリームを塗ると保湿の役割を果たしてくれ、抜け毛が減るということなんですね。

しかし、まつげ専用の商品ではないので、使い続けるとトラブルにもなりかねません!

リップクリームはあくまで応急処置と考え、ぜひ「まつげ専用の」美容液を使って、保湿してくださいね。

3.まつげが抜ける原因になる?ビューラーは極力使わない

アイメイクをする際、必ずビューラーを使うという人は多いですよね。しかしビューラーを使った後、まつげが抜けることはありませんか?

ビューラーを使う女性

多いときでは3本、5本とどっさり抜けてしまう……、これはまつ育にはよくありません。

「下向きまつげで、どうしても上げないと気になる」「目の中にまつげが入ってしまう!」という方は仕様がありませんが、なるべくならビューラーは使わないほうがいいでしょう。

まつげを育てている間は、なるべくまつげにテンションをかけるような行為は避けたほうがいいですね。せっかく伸ばしているまつげが抜けてしまったら、悲しいですから!

4.マスカラはなるべく「お湯オフマスカラ」を使おう

マスカラを使うときは、なるべくお湯でオフできるマスカラを使うようにしましょう。

ウォータープルーフのマスカラは、落とすときにまつげを必要以上に触ることになりますので、まつ育中はオススメできません。

お湯オフマスカラなら、お湯でふやかして簡単にクレンジングすることができます。

しかし、いくら簡単だからといって適当なクレンジングで、落とし忘れてしまうとまつげへの負担になり、抜け毛の原因になります。なるべく優しく、しかし丁寧にしっかりと落とすように心がけてください。

5.知ってますか?アイメイクの正しい落とし方

どうしてもまつげが下向きで、「ビューラーを使ったり、ウォータープルーフのマスカラを使わないと無理!」という方には、正しいアイメイクの落とし方をご紹介します。

用意するもの
・アイメイク専用リムーバー
・コットン
・綿棒

まず、コットンにリムーバーを浸してまつげを押さえるようにまぶたに乗せます。

そこですぐに擦ったりせず、20~30秒ほど待ちましょう。

まつげの根元を軽く押さえ、上から下にコットンを滑らせるように拭き取っていきます。

あくまでも優しく行いましょう。ある程度取れるまで、これを数回繰り返してください。

次に、綿棒に同じくリムーバーをつけ、まつげの間に入っているマスカラやアイライナーなどを落としていきます。綺麗に落ちるまで、優しく根気強く!

キーワードは「優しく」「こすらず」「きちんと」落とす。ぜひ試してみてくださいね。

マスカラを取る女性

今年こそ、本気でまつ育をしたいと思っている方は、今回ご紹介したことをぜひやってみてくださいね。綺麗なまつげは1日では作れません、毎日継続してケアすることをオススメします。

もっとまつ毛ケアについて知りたい方は、こちらの記事もチェック!
⇒【まつ毛ケア】 ①まずは眼まわりの血行促進を

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る