美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年6月26日

ツボ押しやフェイシャルヨガ!お金をかけずに美肌は作れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとって、いつまでも追求し続けたい「美肌」。確かに肌荒れやくすみ、たるみなどのお肌トラブルで、年齢よりも老けて見られることはあります。

シワを気にする女性

しかし、思わず高級クリームや美顔器を購入し、その「費用対効果(いわゆるコスパ)」にガッカリすることも。そこで、お金をかけずに美肌を手に入れてみませんか?

道具を使わず、一人でできる顔ツボマッサージやフェイシャルヨガをご紹介します。

美肌を作る3つの顔ツボ

美しいボディラインは、無理な食事制限ダイエットやサプリメントだけでは作ることができませんよね。

体と同じように、顔も内側を意識して鍛えてみませんか? 顔ツボはリンパの流れを良くして、老廃物や余分な水分を排出してくれます。

顔ツボの押し方は、ゆっくり力を加えること。それぞれ5回程度繰り返しましょう。

1.肌荒れやエイジングケアに

鼻水や鼻づまりを解消するツボ「迎香(げいこう)」は、肌荒れやシミ、シワなどエイジングケアにも効くと言われています。

迎香

小鼻のすぐ脇にある「迎香」を、両手の人差し指の腹で、5秒かけてゆっくり押し、同様に5秒かけてゆっくり戻します。

2.むくみをとり透明のある肌に

むくみを解消すると言われているのは、「四白(しはく)」のツボです。

「黒目から真下に」引いた、「目の下の骨のキワから1cm下」(小鼻の横あたり)の場所にあります。

四白

両手の人差し指で、小さな円を描くように上へ押し上げます。顔の血行を促進し、クマや眼精疲労にも良いとされていますよ。

3.たるみの解消に

あごの骨を耳側からなぞると、少しくぼんだ場所(歯を食いしばると、筋肉が固く盛り上がる場所)があります。これが「頬車(きょうしゃ)」のツボです。

頬車

たるみや二重あごに効くと言われる「頬車」を、両手の人差し指の腹で押し上げましょう。

自宅でできるフェイシャルヨガ3選

顔ツボは、電車に乗っているときや休憩時間など場所を選ばずにできるのですが、テレビで披露され有名になったフェイシャルヨガは、決して人前ではできない変顔ですよね……。

50以上もあると言われる顔の筋肉を動かすことで、顔や首のリンパを良くします。毎朝5分程度、自宅で他人の目を気にせず思い切り行いましょう!

準備体操で筋肉をほぐす
1.前方に引っ張られるイメージで目と口を顔の中央に寄せる。
2.口と鼻から息を全て吐き出す。
3.吐き切ったら、目と口を思い切り開ける。

たるみをリフトアップ
1.左手を後頭部から右に回し、薬指で右の目尻、中指でこめかみをつかむ。
2.左側に顔を傾け、右手は(傾けた顔と一直線になるように)「右」に伸ばす。
3.舌を斜め下に出し、左手で顔を引っ張り10秒キープする。

伸ばした右手や舌、目元など全ての筋肉が伸びているのを意識しましょう。反対側も同様に行います。

ほうれい線をカバー
1.口を閉じ、口の中を空気で一杯にする。
2.左の頬の内側に空気を移動する。
3.右の頬の内側に空気を移動する。
4.ゴリラの顔真似のように、鼻の下と上唇の間に空気を移動する。
5.最後に下アゴに空気を移動する。

それぞれの場所で空気を一杯にして5秒キープし、これを3セット行います。息を止めずに鼻呼吸をしましょう。※唇にシワがよらないように注意してください。

舌を出す女性

リンパの流れが悪く老廃物が溜まったままでは、血色が悪く、むくみがあって当然です。

顔ツボやフェイシャルヨガでリンパや筋肉を刺激し、老廃物や余分な水分を体外に出してしまいましょう。費用をかけずに、むくみやくすみをとり、ハリやツヤのある若々しい肌を手に入れてくださいね!

体質改善インストラクター:ヨウコ

30代前半。若いころから体調不良になりやすかったため、ツボや姿勢矯正、サプリメントについて学ぶ。現在はスクール講師。 長く続けられる体質改善のコツを、分かりやすく紹介することを目指す。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る