美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年7月3日

スイカは水分だけじゃない!知られざる抗酸化&ダイエット効果で見直して!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏を迎えると食べたくなる食べ物の一つに「スイカ」がありますよね。スイカは約90%の水分量を持ち、夏場の水分補給にも適している、夏を代表する果物です。

スイカ

スイカが持つ、口に入れた時のシャリッという食感が好きな方も多いのではないでしょうか? しかしスイカには、あまり知られていない健康・美容効果もあるのです。そこで、スイカの健康、美容効果についてご紹介します。

1.βカロテンが豊富

スイカは「βカロテンの宝庫」とも呼ばれているほど、豊富なβカロテンを含んでいます。その量は「100gあたり約830μg(マイクログラム)」と言われています。

βカロテンは、体内で必要な分だけ「ビタミンA」に変換されることから、ビタミンAの働きも兼ね備えている成分です。

βカロテンはビタミンAに変換される事で、皮膚や粘膜の健康を維持し、肌荒れや肌の乾燥を予防する効果もあるため、美肌づくりには欠かせません。

また、眼の健康維持にも適しており、「ドライアイ」「眼精疲労」、うす暗い場所で見えにくくなる「夜盲症」の予防に効果があるとされています。

2.強い抗酸化成分「リコピン」が豊富

スイカはまた、強い抗酸化作用を持つ「カロテノイド」を豊富に含んでいます。

「カロテノイド」とは、動物や植物に存在している色素です。スイカにはカロテノイドの一種でもある、赤色色素の「リコピン」が非常に豊富であると言われています。

リコピンを含む野菜としては、トマトが代表的ですが、スイカが持つリコピンは、トマトのよりも多いとされ、とても強い抗酸化作用があるのです。

生活習慣の乱れや、ストレス、喫煙等の原因によって増えてしまう「活性酸素」は、シミやシワ等の「肌の老化」に影響を与えるだけではなく、糖尿病や癌などの疾患の原因にもなります。

スイカを食べる少女

その活性酸素を除去する働きを持つ成分に、リコピンが挙げられます。リコピンの持つその強い抗酸化作用が、お肌のアンチエイジングはもちろんの事、糖尿病や動脈硬化、癌やその他の生活習慣病などの予防として注目されています。

いつまでも若々しいお肌を保ちたい方、病気の予防をしたい方に、スイカは是非オススメしたい果物ですね。

3.ダイエットや便秘にも効果的

スイカは甘い食べ物なので、「糖分が多いのでは?」と考えている方も多いかと思います。

また、食べた時に、量が多くとてもボリュームがあり、気付けばお腹もいっぱいに感じる事はないでしょうか?

しかし、実はスイカは糖分があまりない反面、ミネラルまで豊富に含んでいるため、栄養満点なのです。

また水分だけではなく、豊富な食物繊維も含んでいます。そのため便秘にも効果的なのです。

夏に「何か甘い物が食べたい」と思った時には、スイカを食べると糖分も控える事ができ、腸の調子を整えてくれる効果もありオススメです。

スイカジュース

暑い夏の時期にスイカを食べる事は、「夏バテ防止」という意味だけではなく、美容・健康面においても、素晴らしい効果を期待できるのです。

これまであまりスイカは食べなかったという方も、スイカの素晴らしい効果を知って、今年の夏はスイカをたくさん食べてみてはいかがですか?

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る