美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年7月10日

冷えは女性の大敵!冷房に負けない体を作る3つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の対策として、みなさん何を思い浮かべますか? やはり熱中症予防の暑さ対策や、肌への負担の紫外線対策でしょう。暑い夏は、どうしても暑さに対することを考えてしまいますよね。

夏の海辺の女性

でも、一歩オフィスや建物に入って、体が冷え過ぎた経験はありませんか? この冷房による『体の冷え』。実は、女性にとても悪影響を与えているんです。

その体の不調は冷房による冷えが原因!?

あなたのオフィスの冷房は何度に設定されていますか? 暑がりの男性が多くて、夏なのに寒さを我慢していることはありませんか?

体に負担をかけない外気との温度差は、±5℃までといわれています。5℃以上の気温差に、体はついていけないのです。

この急激な温度差を繰り返し感じ続けると、交感神経と副交感神経のバランスがうまく調整ができず、体が異変をきたします。頭痛や肩こり、食欲減退、無気力など自律神経失調症と同様の症状を発症するのです。

筋肉は代謝を良くし、体を温めます。反対に、脂肪は温度が下がるとなかなか温まりにくい特質があります。男性は筋肉が多いため暑さを感じやすく、皮下脂肪の多い女性の体は冷えやすいのです。

また、冷えは血液の循環が悪くなり女性ホルモンの分泌にも悪影響を与えます。女性ホルモンは、体の中から女性を美しくしてくれる大切なもの。肌や髪にも影響を与え、ホルモンバランスの乱れは老化にもつながるのです。

オフィスの冷房に負けない体を作る3つの対策

暑い時には、冷たい食べ物や飲み物を取りがちですね。しかし、エアコンの冷気で冷やされた体を、さらに体内からも冷やすことになってしまいます。

乱れた自律神経を整えるために、体を温めることが冷房対策には必要です。日頃から冷えない体を作る方法を紹介します。

1.そうめんには薬味が必須

ぐったりするような暑さの時には、「冷たいそうめんでも食べよう」と思いませんか? そうめんも食べ方次第で冷え対策の食事になります。それは、薬味。

そうめんとネギ、ショウガの薬味

ネギやショウガは体を温めてくれる食材です。薬味をたっぷり入れて食べましょう。

また、夏には冷や奴も良いですね。大豆は上質なタンパク質です。このタンパク質は女性ホルモンのバランスを整える優秀な栄養素。もちろん薬味をたっぷりのせて食べてくださいね。

2.シャワーではなく入浴を

お風呂上がりの暑さが嫌で、夏はシャワーで済ませてしまうことが多くなっていませんか?

シャワーだけでは、冷えた体の芯まで温めることができません。ぬるめのお湯にしっかりつかり、血行促進をすると体を温め自律神経も整えてくれます。

3.睡眠不足は百害あって一利無し

睡眠、自律神経、冷え、この3つはとても深い関係にあります。

睡眠時、副交感神経が体の熱を放出し、体をリラックス状態にしています。ただし、冷えた体は熱を放出する必要がないため、副交感神経は働かず、ずっと交感神経が刺激されたままとなります。

つまり、日中の活動時と同じ状態となるのです。この乱れのせいで体が休まることなく、自律神経失調症やうつ病まで引き起こすこともあるのです。

睡眠前に入浴で体温を上げ、リラックスした状態でぐっすり眠りましょう。この充実した睡眠時間が自律神経のバランスを整え、翌日を活発に過ごすことができるのです。

オフィスでカーディガンを羽織る女性

クールビズが行われ、節電でエアコンの設定温度も高くなっています。それでもずっと冷房の効いた部屋でデスクワークをしていると体が冷えてきますよね。

職場では、カーディガンやレッグウォーマーなどで、体を守り、夏場でも体を冷やさない対策を、日頃から心がけてください。

体質改善インストラクター:ヨウコ

30代前半。若いころから体調不良になりやすかったため、ツボや姿勢矯正、サプリメントについて学ぶ。現在はスクール講師。 長く続けられる体質改善のコツを、分かりやすく紹介することを目指す。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る