美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年7月18日

夏でも冷え取りデトックス!夏の不眠と太りやすさは「内臓の冷え」が原因なんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏が今年も到来。そんな夏――あなたは「冷え」について考えたこと、あるでしょうか?

クーラーで身体が冷えた女性

「夏冷え」は放っておくと、女性特有の病気や太りやすくなる原因になることも。夏の冷えを解消して、体の中をデトックスしていきましょう。

夏冷えとは

外と室内の温度差により、体が冷えてしまうことありますよね。

たとえばお買い物中、外は暑いのに、店内はすごく寒くて困る時、ありませんか? 電車内なども冷えていて、女性にとっては厳しい室温だったり……。

さらには暑いからこそ、冷たいものや生野菜を食べてしまいますよね。そうすると、体の中からも冷やしてしまうんです!

夏冷えをそのままにすると

自律神経が乱れてしまい、正常な血流や体温調節などの維持が、上手くできなくなってしまう可能性があります。

すると眠りが浅くなってしまったり、頭痛や胃腸のトラブルなど、体全体の不調につながります。感情のコントロールまで、上手くできなくなることもあります。

何より、むくみやすくなり、太りやすい体質になることも! 「夏冷え」って、本当に怖いんですよ。

外出先での冷え取り

そんな怖い冷えを起こさないためには、普段の生活から見直してみましょう。

まずは、エアコンの温度は低すぎないようにすること。涼しくて快適な部屋へ居心地はいいですが、体は悲鳴を上げているかもしれません。

そして、摂取する水は「常温」がベスト。毎回毎回、冷えたものばかり摂るのはやめましょう。

外出時には上着を持ち歩き、店内などや電車の中で羽織れれば、必要以上に冷えなくて済みます。さらにUVカット機能があれば、いいですね。ひとつは用意しておきたいものです。

家に帰ってからできる冷え取りデトックス法

一番の冷え取りデトックス方法は、暑い夏でもしっかりと湯船に浸かることです。意外と内臓も冷えているため、身体はお湯につかることを求めています!

外でも汗をかいているし……と思われますが、それは、体温調節のためのもの。実は身体は冷えていることも多いのです。

その冷えを解消するためにも、入浴は必要です。自律神経の乱れも整えてくれます。

入浴方法

「熱めのお湯」での反復法、または「ぬるめのお湯」でゆっくり浸かる半身浴、どちらでもよいです。ただし、どちらであろうとも、「しっかり汗を内側から出す」ということが大事。

そして入浴の前後には、たくさんお水を飲むようにしましょう。ノンカフェインのお茶でもOKです。氷を入れたような冷たいものではなく、できる限り「常温」「白湯」などにしましょう。

入浴後も冷房がきいたお部屋ではなく、自然と汗が引くくらい休んで、温度を徐々に下げていきましょう。その時に自律神経のスイッチがオフになれば、ぐっすり眠ることができますよ。

このように一日の疲れと冷えを解消することにより、太りにくいカラダつくりにもつながりますよ。

入浴で身体を温める女性

夏でも冷えるというのは誰でも経験したことがあるのではないでしょうか? それを放っておくと、自律神経が乱れ、太りやすくなる原因にもなります。

その解消法として、しっかり暑くても湯船に入りましょう。しっかり汗をかいてデトックスすることにより、健康的なスリムボディをゲットしましょう。

美容ライター:京香

40代後半。外資系コスメメーカーの販売員後、長年コスメやスキンケアアイテムの企画開発に携わる。現在はフリーの美容ライター兼サロンスクール講師。「基本を大事にしたアンチエイジング」をモットーとする。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る