美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年7月21日

気になるアゴのたるみ!顔エクササイズでスッキリシャープに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太っているわけではないのに、たるみのせいで二重になったアゴ。アゴのたるみは30代から気づき始める人が増え、40代になると多くの女性にとって悩みのタネとなっています。

あごマッサージをする女性

噛まない食生活や姿勢の悪さから引き起こされるアゴのたるみの原因と、スッキリさせる顔エクササイズをご紹介します。

アゴのたるみの原因は筋肉とリンパ

アゴのたるみをもたらしている主な原因は、顔の筋力低下とリンパの滞りです。

これらは、日頃の生活習慣に起因していることが多く、日常生活を見直すことが大切です。たるみの二大原因である筋肉とリンパについて詳しく解説しましょう。

1.顔の筋力低下

顔の筋肉は、体の筋肉と同様に加齢とともに低下します。さらに使わないことによって、どんどん筋肉は衰えてくるのです。

笑ったり、驚いたり、喜怒哀楽の表情を作り出しているのは「表情筋」。顔の皮膚についている筋肉のことです。つまり表情が豊かな人は、顔の筋肉をよく使っている人と言えますね。

この表情筋は、しゃべったり食べたりする口の動きにも使われています。スマートフォンをじっと見ているとき、大抵の人は無表情です。

柔らかいものばかりを食べていると噛む行為も少なくなります。このように現代では、普段の生活で無意識のうちに表情筋を使わなくなっているのです。

2.リンパの滞り

体に溜まった老廃物を排出するために、全身に張り巡らされたリンパ管を通ってリンパ液が流れています。この流れが滞るとむくみが生じ、体の不調にもつながります。

リンパの流れをつまらせるのが、リンパ管が合流する地点にあるリンパ節。全身のリンパが集まる重要なリンパ節が鎖骨にありますので、鎖骨のリンパをマッサージで流しましょう。

ちなみに筋肉の収縮によって、流れるリンパを滞らせているのは、固まった姿勢や丸めた背中など、普段の姿勢も影響しているのです。

顔エクササイズでシェイプアップ

アゴのたるみは、表情筋をいっぱい使ってすっきりシェイプアップしましょう。2種類の顔エクササイズを紹介します。

表情筋を鍛える顔の筋トレ

体を鍛えるために筋トレをしている女性もいますよね。顔も同じように筋トレをしてみませんか。それぞれの動作を大きく、アゴの筋肉を意識しながら行うのがコツです。

1.上を向いて「あ」「い」「う」「え」「お」の口の形を作り、それぞれ2秒ずつキープします。
2.上を向いたまま、舌を鼻につけるように思い切り出し、5秒キープします。

歯科医が勧める咀嚼エクササイズ

よく噛むことはアゴの筋肉を使うのに効果的です。歯科医の宝田恭子さんが推薦する方法をご紹介します。

1.かかとを上げて、右の奥歯で5回噛み、かかとを下ろす。
2.またかかとを上げて、左の奥歯で5回噛み、かかとを下ろす。
3.30回噛むまで交互に続けて、飲み込む

笑顔で食事をする女性

いかかでしたか。アゴのたるみは、動かない表情や固まった姿勢が作り出しています。日頃からよく噛み、正しい姿勢を意識しましょう。

また、表情が豊かな女性は魅力的に映ります。一つ一つの表情を大きくし、顔エクササイズにも取り組んでみてください。

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る