美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2015年10月28日

ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸ナトリウム)」とは人間や動物の皮膚内や関節液、眼球などに存在するゼリー状の物質です。1グラムで6リットルもの水を抱えられるという優れた水分保持能力を持ち、保湿に効果があるとして多くの化粧品に配合されています。

また関節炎の治療や眼病の手術の際の補助剤として医療分野でも採用されています。

ヒアルロン酸の原料って?

これら化粧品、サプリメント、医薬品などに使用されるヒアルロン酸Naの原料は乳酸菌や微生物から作られたバイオ製法のものが一般的ですが、にわとりのトサカなどから抽出した天然由来成分のものもあります。

にわとり

水分保持能力に優れたヒアルロン酸ですが、そのままでは分子が大きく肌内側へ浸透しにくいという特徴があります。そこで分子を低分子化し、肌内部へ浸透しやすくしたのが「加水分解ヒアルロン酸」です。

従来のヒアルロン酸が肌表面にとどまっていたのに対し、加水分解ヒアルロン酸は肌内部に浸透することで、約2倍の保湿力があるとされています。粘性の高いヒアルロン酸ですが、加水分解ヒアルロン酸は使用感もサラサラしていてベタつきにくいのが特徴です。現在、化粧水や美容液など多くの製品に保湿剤として使用されています。

主な働き

・皮膚の水分を保持する
・関節炎の予防・緩和
・眼球を守る

期待できる美容効果

・保湿力の増大
・肌弾力の増大
・しわ・たるみの予防

過剰摂取による副作用について

ヒアルロン酸Naを点眼薬で使用した場合、目の痒み、刺激感、ただれが生じることがあります。その場合は使用を中止してください。また妊娠中や授乳中の人はサプリによる過剰摂取はひかえましょう。

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る