美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年7月31日

おかひじき?つるむらさき?アイスプラント?アンチエイジングな効能と食べ方講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的なスーパーにも、見慣れない(聞き慣れない?)野菜が増えましたよね――決して値段的に「高級野菜」ではなく、「庶民の野菜」なのですが、気になりつつもスルーしてしまっているのでは?

スーパーの野菜たち

今さら人には聞けない、そんな野菜の効能や食べ方を紹介します。

今さら聞けない効能と食べ方

「何コレ?」と思う野菜の中でも、今回はアンチエイジングに効果があると言われている、女性にうれしい3種類の野菜について解説します。

1.おかひじき(陸鹿尾菜)

特徴と効能

海岸の砂浜などに自生している植物で、形はひじきに似ていますが、色は「緑」です。

おかひじき

おかひじきに多く含まれているものの一つが「カリウム」。塩分を体外に排出するカリウムが豊富で、高血圧の予防に良いと言われています。

また、カルシウムやマグネシウムなどの「ミネラル」もたっぷり。髪や皮膚に良い「カロテン」は、おかひじき50gで1日分の必要量が摂れるほど!

「抗酸化作用」があり、「免疫力アップ」にも役立ちそうです。他にも女性にうれしい効能として、おかひじきに含まれる「食物繊維」があります。

このおかひじきの食物繊維は「不溶性」のため、腸を刺激する「デトックス効果」も期待できますね。

食べ方と選び方

少しアクがあるため、少量の塩を入れた熱湯で1分〜1分半ゆがくと良いでしょう。白和えやからし醤油との相性が良いため、おひたしにするのがオススメです。

また、クセがなくシャキシャキとした食感を楽しめるので、酢の物にしてもおいしいですよ。

店頭で選ぶ際には、「緑色が濃く、茎が太くないもの」を選びましょう。

2.つるむらさき(蔓紫)

特徴と効能

「つるむらさき」は、加熱するとぬめりが出るのが特徴です。ぬめりの成分である「ムチン」には、細胞を活性化し胃腸の粘膜を保護する働きがあります。

ツルムラサキ

「カルシウム」はほうれん草の3倍もあり、「ビタミンA、B群、C、E」など、豊富なビタミンが含まれています。

アンチエイジングの「βカロテン」、高血圧や便秘を予防する「カリウム」や「不溶性食物繊維」も多く含んでいます。

食べ方と選び方

土臭い独特の香りがあるため、食べ慣れないうちはニンニクや濃い目の調味料で、炒め物が良いかもしれません。

香りに抵抗がなければ、おひたしや天ぷらなどの揚げ物にしても良いでしょう。ほうれん草のように、葉と茎を食べるつるむらさきは、「茎の切り口がみずみずしく」、「葉が肉厚」で「茎がまっすぐなもの」を選んでください。

3.アイスプラント

特徴と効能

室内の水耕栽培で育ち、季節を問わず食べることができるアイスプラント。現在、家庭菜園でも人気の植物です。

アイスプラント

茎や葉に水滴のようなブツブツが目立つ野菜ですが、あのブツブツの正体は、「ミネラルの結晶」。そのため、食べると塩味がするのです。

アイスプラントは、「塩味のナトリウム」と、ナトリウムを排出する「カリウム」の両方を含んでいます。そして、野菜にはめずらしい「ミオイノシトール」が入っているのも特徴の一つ。

穀物やナッツ類に豊富な「ミオイノシトール」には、脂肪肝や動脈硬化防止の働きがあります。

また、「ピニトール」も含まれ、血糖値や肝機能障害の改善に有効だと言われています。

その他にも、疲労回復に良い「クエン酸」や「リンゴ酸」、抗酸化作用の「βカロテン」など、アイスプラントの栄養素はとても豊富なのです。

食べ方と選び方

味や香りにクセがなく、プチプチした食感を楽しむアイスプラントのオススメの食べ方は、ずばり軽く洗っての「生サラダ」!

そのもの自体に薄い塩味があるため、軽く湯通ししておひたしや天ぷらでもおいしく食べられます。

アイスプラントを選ぶときは、「水分量が多く」「重いもの」を選びましょう。

つるむらさき

食べ方や効能が分かれば、今まで横目で見ていた野菜も身近に感じますよね。

新しい野菜が増えると、料理の種類も増えます。今回ご紹介した、栄養価が高く、アンチエイジング効果も期待できる野菜を使って、新しいおかずにぜひ挑戦してみてください!

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る