美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年8月11日

夏はココアとジンジャーエール?!クーラー病が女性に与える影響と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に身体がだるくなるのは、暑さによるものだけではありません。夏の体調不良の原因を、エアコンのせいだと感じている女性も多いのではないでしょうか?

夏にダルい女性

「冷房病」や「クーラー病」と呼ばれる、その症状の影響や対策を紹介します。

女性を襲うクーラー病とは?

「冷房病」や「クーラー病」は、夏によく耳にする一般的な言葉です。しかし、そんな病名はないということをご存じでしょうか。

エアコンによって身体に不調が起こるために、このような呼び方になったのです。クーラー病の症状は「身体の冷え」に始まり、頭痛や吐き気、熱が出ることもあります。

また重度の「肩こり」や「食欲不振」、抜けない「疲労感」などで、ずっと身体がだるい状態が続きます。

このクーラー病の要因は、室内と外気の温度差による自律神経の乱れです。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」でうまくバランスをとっているのですが、温度差が「5℃以上」になる状況を繰り返すと、うまく切り替えの対応ができずに、自律神経が乱れてしまいます。

職場でも自宅でも、ずっとエアコンが効いている場所に留まっているということはありません。トイレに行ったりコンビニや銀行、郵便局に出かけたり――室内と室外で5℃以上の温度差の場所を行き来することになります。

そのことによってバランスを崩し、体調不良に陥ることが「クーラー病」なのです。

女性のほうがクーラー病になりやすい

女性は男性に比べ体内の「皮下脂肪」が多いのですが、その脂肪は「一度冷えると温まりにくい」のが特徴です。

一方筋肉が多い男性は、代謝が良いため身体が冷えにくく、冷房をガンガンに効かせる人が多いのです。

男女が一緒にいる場所で暑がる男性に合わせた温度設定にしておくと、女性はどんどん身体が冷え、クーラー病になってしまう可能性が高まるのです。

クーラー病を防ぐ3つの対策

職場でも家庭でも、エアコンの温度設定を変えることが難しく、つい我慢をしてしまっている女性もいるのでは?

エアコンの温度調整

そして毎年夏になると体調を崩している人も多いのではないでしょうか。女性の大敵であるクーラー病から身を守りましょう!

1.身体を冷やさない

まずは、夏のエアコンで身体を冷やし過ぎないことです。温度調整が難しいのであれば、せめて直接エアコンの風を受けないように、風向きを変えましょう。

夏場に、室内でひざかけやストールを巻いている女性がいますが、大正解です!

2.身体を温める

クーラー病の原因は「自律神経の乱れ」によるもののため、身体を温め自律神経を活発にしましょう。

ウォーキングやストレッチなどの軽い「有酸素運動」をしたり、入浴で身体の芯まで温めたりすることがオススメです。

また、冷えを解消するツボがある「首」や、太い血管が走っている「背骨」を温めることも効果的でしょう。冷気は下に溜まるため、職場などではひざかけの他、レッグウォーマーも良いでしょう。

3.エアコンに頼り過ぎない

普段の生活でエアコンに頼り過ぎないことも重要です。一人で自由に温度設定ができる場合には、外気との温度差を「4℃以内」にしましょう。

また胃腸が冷えると栄養の吸収や消化が悪くなるため、冷たいものはよくないと言われていますが、夏のホットドリンクはつらいものがあります。

室温の管理ができるのであれば、ショウガと炭酸飲料で、手作りの「ジンジャーエール」や、「アイスココア」なら良いでしょう。ショウガは身体を温める優秀な食材であり、ココアは「アイスにしても身体を冷やしにくい」と言われています。

アイスココア

夏は「熱中症」にも注意が必要。クーラーの冷え過ぎから身を守りながら、体内の熱を発散させることも大変重要です!

保冷剤や冷たいおしぼりは、エアコンにない涼を与えてくれます。太い血管がある首や太ももに当てると、効率良く体温を下げることができます。

また、キュウリやトマトなどの夏野菜も、身体を冷やす食材です。無理せず除湿や温度管理を行いながら、心地よい夏を過ごしてください。

体質改善インストラクター:ヨウコ

30代前半。若いころから体調不良になりやすかったため、ツボや姿勢矯正、サプリメントについて学ぶ。現在はスクール講師。 長く続けられる体質改善のコツを、分かりやすく紹介することを目指す。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る