美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2017年3月9日

色白美人は◯◯メイクで作る♡はかなげ色素薄い系でロマンティックムード全開に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透明感のある儚げな雰囲気は、いくつになっても女性の理想ですよね。そこで、色白で色素が薄い肌に憧れたことのある方も多いのではないでしょうか?

はかなげな印象の女性

そこで「肌の色は生まれつきのものだから……」と諦めずに、普段のメイクにちょっとしたひと手間を加えて、色白美人に見せてしまいましょう!

ベースメイク

1.コンロトールカラーを駆使して

「コントロールカラー」をご存じでしょうか?

コントロールカラーとは、ファンデーションや下地をつける前に肌に塗布することで、肌のトーンを整えたり赤ら顔やクマをカバーする働きのあるメイクアイテムのこと。

色白肌を目指すなら、断然グリーン系やブルー系のコントロールカラーのご使用をオススメします!

カラーコントロールベース

グリーン系は肌の赤みを沈めて見せる効果があり、ブルー系はくすみを飛ばす効果が期待できます。が、つけすぎると「血色が悪く見える」ので、量の調整には注意が必要です。

あくまで気になる色味や色ムラをカバーする程度にとどめましょう!

2.下地やファンデーションは少し明るめのものを選ぶ

普段使用しているファンデーションは、地色とほぼ同じ明度を使用されている方がほとんどかと思います。しかし色白肌に作りこむ際は、通常よりも「ワントーンのみ」明るめの下地やファンデーションを選べば、肌をナチュラルにトーンアップすることができます。

ファンデーションをつけた女性

ただし、あまりに素肌と違いすぎるカラーを顔のみに使用すると、首元との差が生まれてしまい、浮いた状態に。

首元にもあわせて明るめのファンデーションを薄く塗布する、もしくは仕上げのパウダーでフェイスラインをぼかすなどの対策を、必ず行いましょう。

3.仕上げのハイライトが大切

ハイライトは光を集め、顔立ちを立体的にみせてくれるお役立ちアイテム。影部分を作るシェーディングとともに、ここ数年で各メーカーが一般的にも使いやすい形でどんどんと発売し、「普段メイク」にも気軽に取り入れられるようになりました。

このハイライトも、カラー選びがポイントに。いわゆる「真っ白なホワイト」ではなく「ブルー系のホワイト」を選ぶことで、肌を深部からぐんと明るく、透明感のある白さで見せることが可能です。

ハイライトとシェーディングのイメージ図

ハイライトは、よく使われる「おでこ」や「鼻筋」、「あご」だけではなく、チークのように頬骨付近に使用することで、さり気なくも肌の明度を上げる効果が期待できますよ。

アイメイク

1.ブラウン系アイライナーで抜け感を演出

色素が薄い女性に見せるには、できるだけ「黒」などの暗い色合いを顔にのせないことが大切です。

そのためアイラインも、引き締め効果のある黒よりも、ふんわりとしたブラウンでさりげなく目元を強調するようにしましょう。

ブラウン系アイライン

どうしても目元にインパクトをもたせたい場合は、黒目の上の部分だけ黒のアイラインを引き、全体をぼかすようにすると効果的です。

2.ブラウンマスカラで細く長いまつげに

まつげはボリューム感よりも「長さ」を重視するようにしましょう。

その際はアイラインと同じく、「ブラウン系」のマスカラを使用することで、目元全体をやさしげな雰囲気に見せることができますよ。旬の赤み系ブラウンを使うと、よりセンシュアル(官能的)な魅力をプラスできて、女性らしい色っぽい眼差しに。

3.ここぞという日はカラコンで印象的な目元に

デートやイベントなど、気合を入れたい日にはカラーコンタクトをするのも◎。

ブラウン系カラコン

日本人の顔立ちにもなじみやすいヘーゼル系やグレー系のものを選べば、顔色や髪色から浮かず、ナチュラルなハーフ顔に見せることが可能です。

カラコンをしている女性

肌の色や顔立ちに関わらず、ちょっとしたメイクテクニックで誰でも色白、色素が薄そうな印象を手に入れることができますよ。

色素の薄さは生まれつきのものと諦めず、憧れの儚げフェイスを目指してみてはいかがでしょうか?

やり過ぎ感なく目元印象がアップする大人のカラーコンタクト

■eye to eye “Asian”(アイトゥーアイ 『アジアン』)

eyetoeye asianカラコン


業界初4色配合ハーフ系カラコンから、ものまねメイクで有名なざわちん使用のナチュラル系カラコンまで揃った、カラコン専門メーカー“eye to eye”。
※“eye to eye”のカラコンは、ほぼ全て度無し~-10.00まで取り揃えています。

大人のさりげないアイポイントには、Asianシリーズがおすすめです。透明感あふれる知的さと可愛さを兼ね備えた表情を演出できますよ。

■「裸眼よりも裸眼らしい」ほんの少しだけアクセントをつけた、究極なナチュラルカラコン「D ord」(ディオーブ)シリーズはコチラ

ヘアメイク:リエ

40代前半。主に女性ファッション誌やショーモデルのヘアメイク担当。長所・短所を活かしたメイクアップと、健康的なヘア育成法について研究している。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る